アルボン 「後任候補の名前が挙げられていることは気にしていない」 / レッドブル・ホンダF1
アレクサンダー・アルボンは、レッドブルが2021年に自分に代わるドライバー候補の名前を挙げていることを“気にしてはいない”と主張する。

アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・ホンダでチームメイトのマックス・フェルスタッペンに匹敵することに苦労しており、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは来年にむけて“若い才能のプールの外”に目を向ける可能性があることを認めている。

「我々はアレックスがそのシートを掴み取り、基本的に他の選択肢を検討する必要なないことを正当化してほしいと思っている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「彼はいくつか困難な週末を過ごしているし、ここで挽回する必要があると思う。特にイモラでは最初から最後まで強い週末を過ごしていた」

F1ポルトガルGPの予選では、マックス・フェルスタッペンが3番グリッドを獲得したのに対し、アレクサンダー・アルボンは0.533秒差の6番手だった。

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、同じマシンで0.5秒の差は明らかに“大きすぎる”と語っている。

レッドブルの首脳陣は、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスをアレクサンダー・アルボンの後任候補として名前を挙げている。

レッドブルのドライバー決定に最も直接的に関与するモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコは、アレクサンダー・アルボンについて「彼はまだ我々の人間んだ」と語る。

「ギャップはまだ許容できるものではあるが、我々はマックスとのギャップをさらに縮めてくれることを期待している。我々はは6番手に満足している。」

現在、レッドブルは、アレクサンダー・アルボンへの支持を表明しながら、プレッシャーをかけている状況だ。

「自分が仕事をしなければならないことは分かっている」とアレクサンダー・アルボンは認める。

「名前が出ていても気にはしない。達成しなければならない決まった目標はないし、状況によってアプローチが変わることもない」

「書かれていることや言われていることが僕の運転の仕方に影響を与えることはない」

「マックスとのギャップがまだあるけど、予選はどんどん良くなっていると感じている。とにかくクリーンな週末が過ごす必がある」

「自分の能力に対する自信はまだそこにある」

マックス・フェルスタッペンは、個人的にと前置きした上で、ニコ・ヒュルケンベルグは良いチームメイトになるだろうと語っている。

ヘルムート・マルコはそれについて「我々はドライバーの問題についてマックスに意見を求めている」と語る。

「だが、ドライバーがオランダ語を話すかどうかは決定的ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1