アレクサンダー・アルボン 「予選を改善するために努力している」 / レッドブル・ホンダ 2020年 F1スペインGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第6戦 スペインGPへの意気込みを語った。

前戦F1 70周年記念GPでは、予選9番手から5位フィニッシュと挽回したアレクサンダー・アルボン。今後、好成績をあげるためには予選でのワンラップのペースを改善することが重要であることを認識していると語る。

日曜日に素晴らしいドライブを行い、9番目から5番目までの戦いで再びオーバーテイクがいかに印象的かを示しましたね。レースをどのように見ていますか?
満足している。先週末はチームとして一歩前進したと思っているし、クルマに少し慣れてきている。チームとして、僕たちはサーキットで最高のペースを持っていたし、それはマックスと僕を含めたすべての人にブーストを与えた。今日は本当に良い一日だったし、満足している。

日曜日には強さを示したし、今はとにかくワンラップでマシンをより快適に感じることが重要ですね。その達成に近づいているように感じていますか?
もうすぐだ。シルバーストンは連戦だったので、1週目と次の週ですべてを直接比較できたのは助けになったと思う。2レース目の週末はクルマがかなり良くなったので、とてもポジティブだ。もちろん、僕たちはまだ仕事をする必要があるし、すべてが一晩で起こるわけではないけど、プッシュを続けて、マシンをより快適にするためにパッケージからもっと多くを引き出そうとしている。

チームは、今週末のバルセロナ・サーキットでプレシーズンテストと比較してRB16がどのように動作するかを見ていますか?
バルセロナに戻ることで重要なことは、マシンに何が期待できるかを多かれ少なかれわかっていることだと思う。マシンは明らかに開発されているし、プレシーズンテストから変わっているけど、まだ同じ特性を維持している。我々はマシンをはるかに解決できている。そして、マシンは2月よりもはるかに優れている。したがって、今週末はパッケージをプレシーズンと比較することは重要ではなく、先週末のシルバーストンから改善させることが重要だし、僕たちは引き続き前進していく。

カタルーニャ・サーキットは、マシンの競争力を反映するという点で“ミスノーマー”であると言われています。今週末、サプライズがあると思いますか?
そうだね。でも、あまりにサプライズはないと思う。今シーズンに行ったレースから僕たちはみんなのポジションを知っている。チームとして、僕たちは自分たちの強みと改善できるところを知っている。理論的にバルセロナはプレシーズンではかなり良かったけど、それは非常に初期の頃であり、他のすべてのチームが改善している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP