F1
アレクサンダー・アルボンは、2020年のレッドブル・ホンダのF1シートを保持できたことに安心感を感じており、プレッシャーの少ない状態で新シーズンに挑み、チームメイトのマックス・フェルスタッペンとのギャップを縮めるために重要なエリアに集中できると語る。

昨年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、夏休み後にピエール・ガスリーに代わってわずか12戦の経験でトップチームであるレッドブル・ホンダのドライバーを務めることになった。

レッドブル・ホンダでの9戦でアレクサンダー・アルボンは、9戦中8戦で6位以上の入賞を果たすなど、トップ3チームのドライバーとしての役割をきっちりと果たし、2020年のレッドブル・ホンダのF1シートを勝ち取った。

F1での2シーズン目にさらなる進歩を期待しているアレクサンダー・アルボンは、レッドブル・ホンダとともにコース内外で改善する必要のなる重要な分野について概説した。

「全体的なペースと予選などがある。レースクラフトに関してはスタートで取り組みたいことがある。とにかくチームとの相互作用だ」とアレクサンダー・アルボンは Sky Sports に語る。

「どうすればもっと良いフィードバックができるか、どうすればチームはもっと僕のことを理解できるか、どうすれば、チームにもっと自分のことを理解させられるのか。とにかくすべてを少しずつ削って、良くしていくだけだ。今はチームをより快適に感じている。心の中ではすべてが順調に進んでいる」

「もう1年チームにいることが明らかになって、すぐに今年に注意を向けることができたし、ある意味で肩の荷が下りた。チームが自分を信頼してくれているように感じし、彼らはそうしてくれている。家族のようだし、チームの全員からのサポートを感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1