アレクサンダー・アルボン 「2020年が今から待ち遠しくて仕方がない」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1アブダビGPの決勝レースで6位入賞。ドライバーズランキング8位でシーズンを終えた。

アレクサンダー・アルボンは、レースの大半でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とバトルを繰り広げた。序盤でハードタイヤに履き替えて1ストップ戦略を採ったアルボンだったが、2ストップでフレッシュタイヤを使って攻めたベッテルにわずかに及ばず、6位でチェッカーフラッグを受けた。

アレクサンダー・アルボンにとっては、これがレッドブル・ホンダ移籍後8度目のトップ6位内でのフィニッシュとなった。

「今日のレースは望んでいたような結果にはならなかった。その原因はこれから解明する必要があると思う」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「ベッテル(フェラーリ)を追い抜くために早めにピットインしたが上手くいかず、DRSを使用できず、他のマシンによるトラフィックに引っかかってしまいまった。それが原因で必要以上に長いスティントになってしまい、タイヤが最後まで持たず、同時にベッテルが思っていたよりも早くポジションを大きく上げてしまった。レースでは起こってしまうことなので、仕方がない」

「今シーズンを振り返ると、僕にとってとてもいいシーズンになった。今年はルーキーイヤーだったので、もちろん改善していかなければならないことはまだ多くあると感じている。レースは上手くいったことも多かったが、レースペースについては経験を積むことで改善していきたいと思っている」

「来週にはテストが行われるので、引き続きチームと共に懸命に取り組み、来シーズンはさらに力強さが見せられるように準備する。オフシーズンは来年の心配をせず、自分のするべき仕事に集中して過ごせるので安心している。アルトンマーティン・レッドブル・レーシングでレースができることを光栄に思っている。2020年シーズンが今から待ち遠しくて仕方がない」

今年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たし、夏休み後のF1ベルギーGPからピエール・ガスリーに代わってレッドブル・ホンダに昇格したアレクサンダー・アルボンは、2020年もマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・ホンダのドライバーを務めることが決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1アブダビGP