レッドブル・ホンダ、2020年のアレクサンダー・アルボンの続投を発表
レッドブル・ホンダは、アレクサンダー・アルボンが2020年もマックス・フェスタッペンのパートナーとしてチームに残留することを発表した。

今年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、成績不振のピエール・ガスリーに代わってF1ベルギーGPからレッドブル・ホンダに昇格。7戦すべてでトップ6以上でフィニッシュする成績を残してきた。

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「アレックスは、ベルギーでのチームデビュー以来、非常に良い成績を残しており、トップ6で7回フィニッシュした」とコメント。

「そのレベルの一貫性を否定することは非常に難しく、粘り強く献身的なレーサーとしての評判が高まっており、アレックスはアストンマーティン・レッドブル・レーシングで進歩を続けるに値することを証明した。ロックを解除できるポテンシャルはまだたくさんあり、2020年にマックスと一緒にアレックスに会えることを楽しみにしていまる」

アレクサンダー・アルボンは「来年もマックスと再びパートナーを組めることを本当に楽しみにしている」とコメント。

「そして、僕はこの機会を与えられることがどれだけ幸運であるかを知っている。レッドブルが僕に信頼を寄せてくれて、チームに参加してからの結果を信じてくれて、彼らが来年僕を車に乗せるのは物凄いことだ」

「今年は僕にとって信じられない年であり、シーズン中盤にレッドブルに昇格することはすでに大きな一歩だった。今シーズンの教訓を活かし、2020年にトップでの改善し、戦うために経験を活かしていきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン