アレクサンダー・アルボン 「レッドブルF1で稼いで実家から出たい」
アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングとの新たな契約を獲得して、両親と住んでいる家から引っ越すことができることを望んでいると語る。

ロンドン生まれのアレクサンダー・アルゴンは、今年トロロッソ・ホンダでF1デビュー。シーズン後半からはピエール・ガスリーの後任としてレッドブルのドライバーを務め、F1日本GPではF1でのベストリザルトとなる4位入賞を果たして評価を上げている。

23歳のアレクサンダー・アルボンは、現在、母親、継父、3人の兄弟とともにミルトンキーンズに住んでいる。

「今後数年でもっと多くのお金を稼いで引っ越せることを願っている。現時点で実家暮らしだ。家族の家でね」とアレクサンダー・アルボンは PA にコメント。

「ミルトンキーンズは素敵な町だし、レッドブルのファクトリーに近いけど、どうすればいいだろう? 他の場所もあるしね。他の場所に住んで、もっと贅沢なライフスタイルを送る必要があるかもしれないね」

「間違いなくロンドンに行きたい。それについて考えたけど、それはお金の問題だ。ボーナスポイントを稼ぐ必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1