F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1デビュー当初は“萎縮”してしまっていたが、序盤にポイントを獲得できたことでプレッシャーは和らいだと振り返る。

アレクサンダー・アルボンは、プレシーズンテスト前のSTR14で初めてF1マシンを走らせたにも関わらず、序盤から好パフォーマンスを発揮。今シーズンのサプライズの一人として名前が挙げられている。

アレクサンダー・アルボンは、今ではF1パドックでの生活に“より慣れることができている”と語る。

「一旦時間を過ごしてしまえば、F1サーカスはそんなにクレイジーではない」とアレクサンダー・アルボンは RaceFans にコメント。

「とにかく適応するだけだし、全てがノーマルになるものだ。僕はそこに到達している。初めてはいくつかの点で少し萎縮していた。今ではそれよりも慣れているよ」

アレクサンダー・アルボンは、第2戦バーレーン、第3戦中国でポイントを獲得した。

「序盤にポイントを獲得できたのは僕にとって良いことだった。チームにも満足しています。彼らと過ごすことをとても快適に感じている。みんながたくさんのサポートしてくれているし、フィーリングはいい」

「まだ学んだいるところだけどね。週末が終わるといつも『これを知っていればよかったのに』と感じている。過去6戦でもそんな感じだった。常に学んでいるし、上達していると思う。簡単なことではないけどね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1