F1 アレクサンダー・アルボン
トロロッソ・ホンダのルーキー、アレクサンダー・アルボンは、F2シリーズがF1への最高の準備になると称賛する。

昨年のF2を3位で終え、今年トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、開幕3戦を終えた段階で獲得ポイント数でチームメイトのダニール・クビアトを2ポイント上回っている。

「正直、F2自体はF1のための本当に良い足がかりになると思っている。タイヤマネジマンドといったいろいろなことが直接的な関連性がある」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「トリックを学んで、それを直接F1に持ち越すことができる」

アレクサンダー・アルボンは、F1中国GPのフリー走行3回目に大クラッシュを喫して、予選不参加、ピットレーンスタートという代償を払うことになった。

クラッシュについてアレクサンダー・アルボンは「ずっとトラックのその側をプッシュしていた。その方が速いからね。エントリースピードを得ることができるし、通常であれば立ち上がりで懲らしめられることもない通常であれば、ふらついてもカウンターを当てれば切り抜けられる」とコメント。

「今回は1回切り替えして、もう一度カウンターを当てた。それが新しいスナップを出してしまったんだと思っている。3回目で完全にコントロールを失った。クルマは右にも左にもいく可能性があったけど、右に行ってウォールに突っ込んでしまった」

関連:【動画】 アレクサンダー・アルボンが大クラッシュ … 予選は欠場

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ