F1
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、F1デビュー戦となる2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPに向けての意気込みを語った。

昨年のF2を3位で終えたアレクサンダー・アルボンは、今年になって初めてF1マシンを走らせたが、冬季テストでは総合6番手タイムを記録するなど、今シーズンのルーキーのなかでもサプライズなパフォーマンスを発揮している。

「バルセロナでのセッションを終えて、メルボルンでの初レースをするのが待ち切れない」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「テストが開始する前はテストに向けて少しナーバスになっていたし、クルマについて素早く学ぶことができるか、快適に感じられるかを早く知りたいと思っていた」

「4日間のテストを終えて、トロロッソと僕は内容に満足できていると思う。F1カーでの初走行に関しては、クルマは本当に印象的だった。実際に走ってみるまで想像だけではどれくらい速いかはあまりに理解できないものだ。クルマは以前にドライブしてきたものとは本当に異なるレベルだった。少し首の筋肉に感じていたけど、クルマを走らせるたびに身体も適応してどんどん良くなっていた」

「2日目にはクルマを速く走らせるためにはどうすればいいかをうまく理解できてきていると感じていたけど、極限でのクルマを快適に感じ始めたのは最終日になってからだった。まだ進めていかなければならない。チームはとても助けになってくれた。トロロッソはルーキードライバーの手助けをするためのとても多くの経験があるからね。彼らはとてもオープンだったし、ルーキーがどこに苦しむかを知っている。レースエンジニアとデータエンジニアとは比較的にスムーズに仕事を進められたと思っている。彼らは可能な限り早く必要な情報を与えてくれた」

「アルバートパークはシミュレーターでしか経験していない。本当にバンピーなサーキットだし、バンプと縁石を理解することが重要だ。速く走るにはクルマをコース上のどの位置に置けばいいかを正確に知る必要がある。それにサーキットは年間を通して使用されていないので、FP1から予選までのトラックの進化にも慣れなければならない」

「実施にクルマを走らせること以外では、レース週末の速いペースにも慣れなければならない。特に予選ではね。テスト最終日にそれをシミュレートできたことを嬉しく思う。メルボルンに着いたら、実際にそれを経験しなければならない」

関連:2019年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1 | F1オーストラリアGP