F1 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンにとってF1ドライバーとしての初の公式テストはほろ苦いものとなった。

昨年、F2選手権を2位で終えたアレクダンサー・アルボンは、今年、ブレンドン・ハートレーの後任としてトロロッソ・ホンダでF1デビュー。13日(水)のシェイクダウンでF1マシンでの初走行を行い、2日目を迎えたF1バルセロナテストで公式テストデビューを果たした。

しかし、ガレージを出た直後にターン5でスピン。グラベルにはまって身動きが取れなくなり、この日初めての赤旗の原因となった。縁石に乗りすぎてしまったことが原因とみられ、ちょうど前日のキミ・ライコネン(アルファロメオ・レーシング)と同じような状況だ。

アレクサンダー・アルボンは、1時間が経過した時点で再びコースインしている。

この日は他にも移籍組が何人か公式テストデビューを果たしており、1時間が経過した時点でシャルル・ルクレールが早くも1分19秒台に入れてトップタイム。2番手には1.868秒差でピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)、3番手にはランス・ストロール(レーシング・ポイント)が続いている。

2019年 F1 バルセロナテスト 2日目 (1時間経過時点)
Posドライバーチームマシンタイム周回
1シャルル・ルクレールフェラーリSF901分19秒427 15
2ピエール・ガスリーレッドブルRB151分21秒295 17
3ランス・ストロールレーシングポイントRP191分21秒6759
4ダニエル・リカルドルノーR.S.191分21秒877 8
5アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオC381分22秒636 14
6ルイス・ハミルトンメルセデスW101分24秒636 13
7ランド・ノリスマクラーレンMCL34 4
8アレクサンダー・アルボントロロッソSTR14 2
9ケビン・マグヌッセンハースVF-19 1


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アレクサンダー・アルボン | トロロッソ | ホンダF1