レッドブル・エアレース 室屋義秀
2019年のレッドブル・エアレースがアブダビで開幕。前日の予選で首位だった室屋義秀がノーミスで優勝を飾った。

レッドブル・エアレースは今年からルールが改正され、予選結果に応じて、1位から3位までにそれぞれ3、2、1ポイントが与えられる。室屋義秀は53.024秒(ノーペナルティ)で予選を1位通過し3ポイントを獲得した。

迎えた決勝。Round of 14では54.100秒(ノーペナルティ)を記録しニコラス・イワノフ選手に勝利した室屋義秀は、Round of 8では53.904秒(ノーペナルティ)を記録しファン・ベラルデ選手に勝利。

そして、Final4では53.780秒(ノーペナルティ)を記録。2位のマーティン・ソンカをレッドブル・エアレース史上最少となる0.0003秒差の僅差で上回り、予選から決勝Final4まですべてノーペナルティで開幕戦を制し、決勝ポイント25(今大会合計28ポイント)を獲得した。

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ 室屋義秀Yoshi Muroya室屋義秀

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル・エアレース・ワールドシリーズ