ウィル・スティーブンス
マノーが、2016年に2つ目のシートを3名のドライバーで共有するという推測は的を外れているようだ。

Telegraph および Daily Mail は、パスカル・ウェーレインのチームメイト候補の3名のなっからウィル・スティーブンスが脱落したと報道。

昨年、マノーでフル参戦を果たしたウィル・スティーブンスだが、2016年にはインドネシア政府から1500万ドルの支援を受けるリオ・ハリアントにシートを明け渡すことになるという。

「スティーブンスは、再びF1でシートを見つけるまで、どこか他、おそらくアメリカでレースをすることになりそうだ」と Daily Mail は報道。

また、ウィル・スティーブンスは、ウィリアムズでエイドリアン・スーティルに代わってリザーブドライバーを務めるとの噂もある。

同紙は、リオ・ハリアントとマノーの契約が“今後数日”で発表されるようだと付け加えた。

関連:マノー、2つ目のF1シートは3人で共有?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィル・スティーブンス | マノー