トロ・ロッソ STR12
トロ・ロッソは、2017年F1マシン『STR12』を来月のプレシーズンテスト初日に間に合わせるために週7日、1日24時間体制のシフトを実施する。

F1レギュレーションの変更により、今年は幅の広いタイヤ、大きなタイヤを装着したアグレッシブなF1マシンが登場することになる。

プレシーズンテストは、2月27日にバルセロナでスタート。2016年よりも5日間遅いスタートだが、劇的な変化によって、チームはF1マシンの準備を間に合わせるために時間との戦いに直面している。

トロ・ロッソは、昨年も同じような体制でマシンを準備したが、それはエンジン契約の大幅な遅れによって計画が大きく妨げられたことによるものだった。

「生産面で、我々はその期間を24時間体制で働かなければならない」とトロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは Autosport にコメント。

「1月中旬から2月中旬まで、我々は1日3交代制で運営していく。かなり集中的に費やすため、非常に短い期間だ」

生産が実際に強化される12月と1月はF1チームにとって最も重大な月となるが、チームはパフォーマンスを最大化したいため、生産に回す前に出来る限り多くの時間をデザイナーに与えることを望む。

それによってスケジュールは非常にタイトになるが、フランツ・トストは、トロ・ロッソはうまく準備を整えることができると考えている。

「空力部門が図面を発表することを望まないときはトリッキーになる。とにかく彼らはあと数日を欲しがる」とフランツ・トストはコメント。

「非常にタイトになるが、それがパフォーマンスを生む。それは毎年同じストーリーであり、何も変わらない」

「風洞に留まり、リサーチを実施し、開発することが出来る限りは、見つけだすことができるより多くのパフォーマンスがある」

「これは小さなチームの違いだ。一旦、最終期限を設定したら、“もうやめろ”と言わなければならない。そうでなければ、走れないからね」

「我々は特定のデータの図面リリースについて決定しなければならない必要があるし、それが完全な最新となる。ギリギリなので、それ以上は不可能だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | F1マシン