エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、ウィリアムズのリザーブドライバーを辞め、2016年にF1外でレースをする契約を締結間近だと報じられている。

エイドリアン・スーティルの参戦レース候補としては、日本のSUPER GTが挙げられている。エイドリアン・スーティルは、全日本F3に参戦していた2006年にトムスからSUPER GTに参戦したことがある。他にもWECやDTMへの関心が伝えられている。

昨年、ウィリアムズは、バルテリ・ボッタスが背中の不調で開幕戦を欠場。リザーブドライバーを起用する必要に迫られたが、テストドライバーのスージー・ヴォルフではなく、1.6リッター V6ターボパワーユニットでレース経験のあるドライバーと契約することを決定。F1マレーシアGPでエイドリアン・スーティルのリザーブドライバー就任が発表された。

エイドリアン・スーティルは、2015年のフライアウェイレースでウィリアムズに帯同したが、ヨーロッパでのグランプリでは自宅で待機していた。

シミュレーターでマシンをテストしたエイドリアン・スーティルだったが、実際にFW37をトラックで走らせることはなかった。

エイドリアン・スーティルは、常に他の機会を探しており、ウィリアムズでのリザーブドライバー就任は一時的なものだと考えられていた。

ウィリアムズが、リザーブドライバーとして他の経験豊富なドライバーを雇うかは明らかになっていない。スージー・ヴォルフはレースから引退しており、アレックス・リンが開発ドライバーを務める。

F1を離れるエイドリアン・スーティルだが、ザウバーを相手取り、契約不履行で350万ドル(約4億1300万円)を求める訴訟を起こしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エイドリアン・スーティル | ウィリアムズ