SUPER GT
3月19日、岡山国際サーキットでSUPER GT公式テスト2日目が行われ、前日に続いて多くの観客で賑わうこととなった。終日、快晴に恵まれたこの日は、セットアップをはじめ、タイヤ確認など、総合的に確認作業を進め、開幕戦に向けてのより本格的な準備に取り組んだ。その結果、前日に続き、KeePer TOM'S LC500 37号車(平川 亮/ニック・キャシディ)が総合トップタイムをマーク。ZENT CERUMO LC500 38号車(立川 祐路/石浦 宏明)が2番手となった。

GT500クラスの新型車両が一堂に会し、初めて実施された公式テストの2日目。午前9時、やわらかな陽射しを受けながら各車が続々とコースイン、まずレース中のセーフティカー導入・解除の手順などの訓練を行い、その後セッション3が始まった。なお、その中には、WedsSport ADVAN LC500 19号車をドライブする小林可夢偉の姿も。小林可夢偉は、第6戦鈴鹿1000kmで関口雄飛と国本雄資とともに参戦することがチームからすでにアナウンスされているが、ファンの前でLEXUS LC500を走らせるのは、今回が初めて。真夏の鈴鹿を疾走する小林可夢偉の走りに、今から期待を寄せるファンも多いのではないだろうか。

セッション前半から早くも2度の赤旗があり、その都度走行が中断されたが、各車安定したタイムを刻みながら周回を重ねていく。LEXUS勢の中では、初日のトップタイムをマークした37号車がつねに上位につけ、開始1時間を過ぎた頃には37号車のキャシディが1分18秒395をマーク、トップに立つ。
その後、後半に3度目となる赤旗中断があったものの、すでに上位7台が1分18秒台に入っていたことから、終盤にアタックを行うのか注目が集まったが、午前11時を前に4度目の赤旗で走行が中断。予定時間を前にセッション終了がアナウンスされ、結局、37号車がトップを守ることに。LEXUS勢では、WAKO'S 4CR LC500 6号車(大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ)が4番手、DENSO KOBELCO SARD LC500 1号車(ヘイキ・コバライネン/平手 晃平)が5番手で続いた。

前日の走行で総合2番手につけた1号車のコバライネンは、ディフェンディング・チャンピオンとして迎えるシーズンを前に、「今年の目標はもちろんタイトル連覇。そのためにもまずレースで強さを出して、着実にポイントを獲得していくことが大事だと思っています」とコメント。また新車LEXUS LC500については「順調にクルマのセットアップも進んでいるので、満足しています。今年はクルマのダウンフォースが減った分、タイヤもこれまでより硬めの仕様のものが用意されていますが、チームはいいセットアップを見つけているし、新しいタイヤについての理解も高まっているので、僕としては、ハッピーな状況です」と笑顔を見せた。

公式テスト最後のセッション4は、午後1時45分にスタート。当初の予定より15分延長して午後4時までとなった。これに先立ち、決勝スタートの練習が行われ、各車が迫力あるエキゾーストサウンドとともに1コーナーへ。シミュレーション走行ながら本番を彷彿させる光景に、多くのファンが見入っていた。

前日と異なり、気温も上昇したこのセッションでは、ロングランを主としたメニューをこなしていたようだが、次第にタイムアップする車両が出現。開始から1時間を目前に19号車がチームベストタイムを更新、トップへ浮上する。後を追うように1号車、38号車もタイムアップ。38号車が1分18秒423をマークしてトップを奪取、残り1時間の時点でLEXUS勢がトップ6を占めた。

一方、セッションは終盤に入って3度目の赤旗中断。残り15分で再開すると、19号車には再び小林可夢偉が乗り込んだ。だが、直後に1コーナーで38号車がコースアウトしたことが原因による赤旗(4度目)をもってセッションは終了することとなった。2日目総合トップタイムは37号車が午前にマークした1分18秒395で、これにセッション4トップの38号車が続き、LEXUS勢がワン・ツーで公式テスト岡山を終えている。

3年ぶりのSUPER GT復帰となるau TOM'S LC500 36号車の中嶋 一貴は、「もともと条件が合えば乗りたいという気持ちはずっとありました。今年はカレンダー的に参戦が可能だったので、復帰することになりました。(SUPER GTは)レベルが高いですし、レース中のトラフィックも多いので、ある意味WEC(世界耐久選手権)に近い部分もあります。それから岡山は(チームメイトの)37号車が相性がいいので、そこに喰らいついていきたい」と開幕戦に向けて意欲を示した。

一方、GT300クラスは、JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 51号車(中山 雄一/坪井 翔)が総合12番手。前日、クラス総合11番手だったTOYOTA PRIUS apr GT 31号車(嵯峨 宏紀/中山 雄一)が15番手で、2日間のテストを終えている。

SUPER GT 2017年 公式テスト岡山 2日目 結果:GT500

順位No.車名ドライバー3回目周回4回目周回
137KeePer TOM'S LC500平川 亮
ニック・キャシディ
1'18.39531/481'18.88923/67
238ZENT CERUMO LC500立川 祐路
石浦 宏明
1'18.91113/431'18.42323/47
317KEIHIN NSX-GT塚越 広大
小暮 卓史
1'18.51129/511'19.43617/60
48ARTA NSX-GT野尻 智紀
小林 崇志
1'18.54415/441'19.58610/54
51DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン
平手 晃平
1'18.64921/501'18.59032/70
66WAKO'S 4CR LC500大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
1'18.59336/431'18.88526/63
719WedsSport ADVAN LC500関口 雄飛
国本 雄資
小林 可夢偉
1'19.99119/321'18.68119/64
8100RAYBRIG NSX-GT山本 尚貴
伊沢 拓也
1'18.81723/411'19.560 4/47
936au TOM'S LC500中嶋 一貴
ジェームス・ロシター
1'19.19032/521'18.85630/68
1012カルソニック IMPUL GT-R安田 裕信
ヤン・マーデンボロー
1'19.10422/561'20.04650/64
1146S Road CRAFTSPORTS GT-R本山 哲
千代 勝正
1'19.20826/491'20.55017/43
1224フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R佐々木 大樹
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
1'19.30025/421'19.27518/63
1323MOTUL AUTECH GT-R松田 次生
ロニー・クインタレッリ
1'19.29428/481'20.95559/70
1416MOTUL MUGEN NSX-GT武藤 英紀
中嶋 大祐
1'19.43917/441'19.99410/63
1564Epson NSX-GTベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
1'21.26815/591'20.54821/55

SUPER GT 2017年 公式テスト岡山 2日目 結果:GT300

順位No.車名ドライバー3回目周回4回目周回
125VivaC 86 MC松井 孝允
山下 健太
土屋 武士
1'25.52935/411'25.94721/56
261SUBARU BRZ R&D SPORT井口 卓人
山内 英輝
1'25.71131/431'26.30112/43
33B-MAX NDDP GT-R星野 一樹
高星 明誠
1'26.01215/521'25.89334/71
44グッドスマイル 初音ミク AMG谷口 信輝
片岡 龍也
1'26.52527/401'25.98821/61
59GULF NAC PORSCHE 911ジョノ・レスター
峰尾 恭輔
1'26.85416/261'26.14939/54
665LEON CVSTOS AMG黒澤 治樹
蒲生 尚弥
1'26.15720/421'27.053 8/67
711GAINER TANAX AMG GT3平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
1'38.669 3/ 71'26.209 7/56
833D'station Porsche藤井 誠暢
スヴェン・ミューラー
1'26.78112/141'26.23635/55
988マネパ ランボルギーニ GT3織戸 学
平峰 一貴
元嶋 佑弥
1'26.30913/471'27.250 3/49
1055ARTA BMW M6 GT3高木 真一
ショーン・ウォーキンショー
1'26.45428/431'26.47631/59
1118UPGARAGE BANDOH 86中山 友貴
川端 伸太朗
1'26.45713/461'26.614 6/65
1251JMS P.MU LMcorsa RC F GT3中山 雄一
坪井 翔
山野 直也
1'26.45813/441'26.62717/57
135マッハ車検 MC86 GTNET坂口 夏月
藤波 清斗
1'27.55715/521'26.49014/54
14360RUNUP GT-R柴田 優作
田中 篤
清原 章太
1'27.03212/361'26.56215/45
1531TOYOTA PRIUS apr GT嵯峨 宏紀
久保 凜太郎
1'26.65234/441'27.26711/35
16111エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT石川 京侍
山下 亮生
1'27.03625/461'26.660 9/57
177Studie BMW M6ヨング・ミューラー
荒 聖治
1'26.74924/411'27.21728/59
1860SYNTIUM LMcorsa RC F GT3飯田 章
吉本 大樹
1'26.75135/511'26.868 8/62
1926TAISAN SARD R8 FUKUSHIMA山田 真之亮
ジェイク・パーソンズ
1'26.77819/42出走せず
2052埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC平沼 貴之
番場 琢
脇阪 薫一
1'27.722 8/261'26.85016/41
2110GAINER TANAX GT-R富田 竜一郎
吉田 広樹
1'26.88943/461'27.388 9/55
222シンティアム・アップル・ロータス高橋 一穂
加藤 寛規
2'10.145 6/ 61'26.96919/26
2321Hitotsuyama Audi R8 LMSリチャード・ライアン
柳田 真孝
1'27.737 8/551'27.05736/69
2487ショップチャンネル ランボルギーニ GT3細川 慎弥
佐藤 公哉
高橋 翼
1'27.08620/471'27.75014/44
2530TOYOTA PRIUS apr GT永井 宏明
佐々木 孝太
1'27.27929/321'27.471 9/11
2622アールキューズ SLS AMG GT3和田 久
城内 政樹
1'27.78612/371'27.31024/44
2750TBN都筑 晶裕
新田 守男
1'27.32221/35出走せず
28117EIcars BENTLEY GT3井出 有治
阪口 良平
1'27.78622/371'27.98315/31
2948GT-R GT3高森 博士
田中 勝輝
奥村 浩一
1'28.87813/261'27.78725/48
3035ARTO 86 MC 101Nattavude Charoensukhawatana
Nattapong Hortongkum
1'28.45729/441'28.21014/18


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT