リオ・ハリアント、プルタミナのスポンサー撤退でF1シート獲得に暗雲

2017年1月4日
リオ・ハリアント F1
リオ・ハリアントは、スポンサーであるインドネシアの国営石油企業プルタミナがスポンサーから撤退することを決定したことで、2017年のマノーのF1シート獲得が暗礁に乗り上げた。

リオ・ハリアントは、今年マノーでF1デビューを果たして12戦に出走したが、資金不足によってスパでエステバン・オコンと交代し、リザーブドライバーに降格した。

リオ・ハリアント、2017年のF1復帰は「ポジティブな状況」

2016年9月25日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、2017年のF1復帰の可能性について“ポジティブ”な状況だと述べている。

今年、リオ・ハリアントは、マノーのレースドライバーとして最初の12戦に出走したが、契約上の資金的な義務を果たせなかったため夏休中にチームとの契約を解除した。

その後、マノーからのリザーブドライバー起用のオファーを受け入れたリオ・ハリアントは、2017年シーズンのレースドライバー復帰を視野に入れている。

リオ・ハリアント、2017年のF1復帰にむけて新たなスポンサー

2016年9月13日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントのマネージャーは、2017年のF1復帰のための新たなスポンサーを集めていることを明らかにした。

リオ・ハリアントは、契約の義務を果たすための資金を支払う支払うことができず、夏休み中にマノーのシートを喪失。エステバン・オコンが後任を務め、ハリアントはリザーブドライバーとしてチームに留まることを受け入れた。

マノー、リオ・ハリアント降板でスポンサーのプルタミナを喪失

2016年8月16日
マノー
マノーは、インドネシア出身のリオ・ハリアントを降板させたことで、プルタミナ(Pertamina)のスポンサーシップを失った。

750万ユーロ(約8億5,000万円)と推定される資金をチームに支払えなかったリオ・ハリアントは、2016年の後半戦でシートをエステバン・オコンに譲ることになった。

リオ・ハリアント 「ドライバーとしてサーキットに戻れることを願ってる」

2016年8月12日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、マノーが後半戦で自分に代えてエステバン・オコンを起用した理由は理解していると述べ、将来F1グリッドでシートを確保できることを望んでいると述べた。

リオ・ハリアントは、当初のスポンサーシップが尽きた後でさえレースに参戦してくれたマノーに対して感謝の言葉を述べた。

リオ・ハリアント、リザーブドライバーとしてマノーに残留

2016年8月12日
リオ・ハリアント
マノーは、リオ・ハリアントがリザーブドライバーとしてチームに留まることを発表した。

財政的な問題を抱えたまま前半戦終了までマノーでドライブしたリオ・ハリアントだが、マノーは“最善の利益”を守るためにハリアントをマシンから下ろすことを決め、ルノーのリザーブドライバーを務めていたエステバン・オコンがその後任に選ばれた。

インドネシアのスポーツ省、マノーの決定に“落胆”

2016年8月11日
リオ・ハリアント
インドネシアのスポーツ省は、リオ・ハリアントを残りのシーズンのドライバーから外すというマノーの決定に落胆していると述べた。

リオ・ハリアントは、レースシートを維持するための残りの700万ユーロ(約7億9300万円)のスポンサーシップを見つけることができず、次戦ベルギーGPからはエステバン・オコンが後任を務めることになった。

リオ・ハリアント、マノーのF1シートを喪失

2016年8月10日
リオ・ハリオアン
マノーは、リオ・ハリアントとのレースドライバー契約を解除することを正式発表した。

今年、マノーでF1デビューを果たしたリオ・ハリアントだが、シーズン後半のシートを確保するための資金を集められずにいた。

マノーは、リオ・ハリアントに残り9戦でのリザーブドライバーの枠割をオファーしている。

リオ・ハリアント:2016 F1ドイツGP プレビュー

2016年7月29日
リオ・ハリアント 2016 F1 ドイツ
リオ・ハリアントが、F1ドイツGPへの意気込みを語った。

ここ数週間、多くのサポートがありましたね。今週末ドイツでレースをすることをどれくらい楽しみにしています?
そうだね、みんな素晴らしかったし、心から感謝したい。チームはとても支えになってくれているし、ファンもそうだ。ここでレースをすることを本当に嬉しく思う。ドイツに戻ることはスポーツにとって重要な週末だ。僕たちのパワートレインパートナーのホームレースだしね。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム