マックス・チルトン
マックス・チルトンは、インディライツ 第12戦 アイオワの予選でポールポジションを獲得。亡くなった元チームメイトのジュール・ビアンキに捧げた。

マックス・チルトンとジュール・ビアンキは、2013年シーズンのスタートから2014年の運命のF1日本GPまでマルシャのガレージをシェア。その後、マックス・チルトンは、チームの最後のレースとなったF1ロシアGPまで1台だけで参戦を続けた。

ジュール・ビアンキは、2014年のF1日本GPでのクラッシュによる怪我で、昨日、この世を去った。

今年カーリンからインディライツに参戦するマックス・チルトンは「ジュールに捧げるポールポジションだ」とコメント。

「簡単ではなかった。ジュールがそこにいたら、彼は僕の代わりにポールを獲っていただろう」

「僕はベストを尽くしたけど、ジュールは大きな結果を運命づけられたドライバーだった」

「僕は2年間彼のチームメイトだったけど、彼を倒しには本当に完璧な一日を過ごさなければならなかった。たいてい、彼は僕を打ち負かしていたね」

「彼から多くのことを学んだし、彼はオーバルでレースをしたことはないけど、今日は彼から学んだことの多くを生かすことができたと思っている」

「このポールポジションは彼に捧げる」

「インスパイアされていた。彼はレースカーに戻るためにどんなことでもするだろうとわかっていたし、僕たちにはポールを獲れるクルマがあることがわかっていたので、とにかくそのために頑張りたかったんだ」

関連:ジュール・ビアンキが永眠、享年25歳

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・チルトン