パストール・マルドナド
パストール・マルドナドが、F1に復帰できる望みはかなり薄いようだ。

ウィリアムズとロータスでF1ドライバーを務めていたパストール・マルドナドは、ベネズエラの国営石油会社PDVSAから巨額の支援を受けていた。

今年、F1モナコGPに顔を出したパストール・マルドナドは、2017年にむけて“探し求めている”と認めていた。

ベネズエラの経済破綻に陥っていり最中、PDVSAは債務返済のために投資家と交渉を行ってきた北が、同社は今週、時間が尽き、債務不履行となる可能性ががあると警告した。

「証券交換による株式公開買い付けが成功しない場合、既存の負債を予定通りに支払うのは洞爺にとって難しいだろう」とPDVSAは認めている。

パストール・マルドナドは、F1だけでなく、インディカーやWECでの道を探っていると報じられているが、レース活動は窮地に立たされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: パストール・マルドナド