F1韓国GP
F1韓国GPを開催する韓国インターナショナルサーキットのマネージャーは、来月の開催にむけて時間がなくなってきていることを認めている。

韓国インターナショナルのトラックマネージャーを務めるジェイソン・チョウは、FIAの最終検査を控えてストレスを感じているかとの問いに「この顔を見てください」と微笑む。

F1韓国GPの主催者KAVOに与えられたサーキットの完成期限は6月から9月21日に延期され、その後さらに28日に延期された。

つまり10月24日(日)の初レースまでは3週間程度ということになる。

「準備できるでしょうし、しなければりません」とジェイソン・チョウは語る。

「完成できなければイベントは開催できないので、10日間でやり遂げてみせます」

工事の遅れは悪天候が原因とされているが、KAVOの副マーケティングマネジャーを務めるピーター・ペクもサーキット完成に自信をみせている。

「ヨーロッパの人々は、スケジュールを決めてできる限りそのスケジュールを守ろうとしますが、韓国人はいつも物事を達成します」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1韓国GP