デイトナ24時間レース レクサス
LEXUS GAZOO Racing はデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(米国)にて1月28日(土)から29日(日)にかけて開催されたデイトナ24時間レースに米国の3GTレーシングからLexus RC F GT3 を出走させた。14号車及び15号車の2台体制で出場し、15号車は完走を果たしGTDクラスで27車中14位(総合36位)となった。14号車は途中リタイアを余儀なくされた。

完走した15号車のドライバーは、ジャック・ホークスワース、 オースティン・シンドリック、ロバート・アロン、ドミニク・ファンバッハとの4名が務めた。また、 ホークスワースは、3.56マイルのコースを1:48.241で周回し、レクサス勢の中で最速ラップを記録した。

次戦、3月15日(水)〜18日(土)に行われるセブリング12時間レースに向けて万全の体制で準備を進める。

ドミニク・ファンバッハ(Lexus RC F GT3  15号車)
(3GT Racingでの初めてのレースはいかがでしたか? )
「まずはじめに- arigato - 日本語で感謝の気持ちを表す言葉です。チーム全体の多大な尽力に感謝します。今回のゴールは完走することでしたし、私たちはその最小限のゴールを達成することができました。14号車の早期リタイアは非常に残念でしたが、私たちは一致団結して15号車に昼夜問わずに力を注ぎ、ゴールに到達しました。アクシデントには見舞われましたが、とても良いレースで、結果的に皆笑顔です。24時間レースで走ることははじめてだったので、とても良い結果だったと思います。」

ジャック・ホークスワース(Lexus RC F GT3  15号車)
(あなたと3GT Racingにとって、 デイトナ24時間を完走したのはどんな意味がありますか? )
「これがRC F GT3のデビュー戦ということを考えると大きな達成といえます。24時間耐久レースはスケジュール的にも最も過酷であり、最も大きなテストです。私たちはこのことを誇れると思います。私たちはレースをリードし、雨のフィールドも走り抜きました。ウェットでもドライでも、どんな状況においても、Lexusのコンディションは良かったと思います。私たちは今回の結果を誇りに思い、自信を持って次のSebring(セブリング12時間レース)に向けて準備を進めていきたいと思います。」

スコット・プルエット(Lexus RC F GT3  14号車)
(何が事故のきっかけだったのでしょうか? )
「競合がひしめき合っている中、後ろから少し突かれたように感じました。リヤウィングから空気が抜けただけかもしれませんが、パチンと弦が切れたような感じがして減速、不運なことに左側にあるフェンスに接触してしまいました。今日に至るまで一緒に協力してきたチームや仲間たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

ポール・ジェンティロッツィ(3GT Racingチームオーナー)
(このプログラムの未来にどのような展望をお持ちですか?)
「私はとにかく楽観的です。私たちはいくつかインフラのハードルがあることは想定していましたが(車両性能を上げるにはフロントタイヤに課題)、我々は今シリーズのBOPにとっては新参者です。これでシリーズは豊富な情報データベースを得られたと思います。長い旅は始まったばかりです。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権