フォース・インディア F1 アブダビ 結果
フォース・インディアは、F1アブダビGPの決勝で、ニコ・ヒュルケンベルグが7位、セルジオ・ペレスが8位でレースを終えた。

2016年、フォース・インディアは、セルジオ・ペレスが101ポイントを獲得して7位、ニコ・ヒュルケンベルグが72ポイントを獲得して9位。合計173ポイントでコンストラクターズ選手権4位でシーズンを終えた。

2017年、フォース・インディアは、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンのラインナップでシーズンを戦う。

ニコ・ヒュルケンベルグ (7位)
「実際のところは、非常にシンプルで孤独なレースだったし、トップ6のマシンにはまったく手が届かなかったので、主にチームメイトとレースをしていた。ターン1はかなり面白かったね。マックスにぶつけられてフロアにダメージを負って、ちょっと難しい状況になってしまった。幸いなことにポジションを維持できるペースがあったし、結果を持ち帰ることができた。フォース・インディアでの僕の時間を強力な結果で締めくくり、チームがチャンピオンシップ4位になるのを手助けができてとても嬉しい。全員がお祝いに相応しいし、今年の信じられないくらいの仕事は称賛に値する。たくさんの幸せな思い出を胸にこのチームを離れるし、フォース・インディアはいつだって僕の人生の一部だ。ここで本当にたくさんのことを学んだし、彼らは僕をより優れたレーシングドライバーにしてくれた。僕らは一緒に成長してきた。僕たちが達成したものを誇りに思っている」

セルジオ・ペレス (8位)
「自分のレースに満足している。スタートした位置でフィニッシュしたし、その大部分は静かなレースだったけれど、フェリペ(マッサ)をかさわなければならなかった最後の数ラップはちょっと緊迫した。スティントの序盤から本当にハードにプッシュして、ニコとのギャップを縮めようとしていたけど、結局は彼のすぐ後ろで終わった。ポイントを獲得してシーズンを終え、良い結果で信じられないくらいの一年を締めくくることができて本当に嬉しかった。これでセッションは終わったし、メキシコに戻って休みを楽しみたい。長くて激しい一年だったので、友人たちや家族と一緒に一息入れるのを楽しみにしている。僕たちが今年達成したことを思いながら、ハッピーな休日になりそうだ。ちょっとリラックスしたら、2017年に向けて仕事戻るつもりだ!」

関連:F1アブダビGP 結果:優勝はハミルトン、ロズベルグがチャンピオン獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1アブダビGP