エステバン・オコン
エステバン・オコンは、フォース・インディアの2017年のドライバーに選ばれたことで、チームのために結果を届けなければならないというプレッシャーを感じていると語る。

フォース・インディアは、すでに契約を結んでいたニコ・ヒュルケンベルグがルノー移籍を選んだことで10月に新たなドライバーを探さなければならなくなった。

有力候補だったエステバン・オコンとパスカル・ウェーレインは二人とも2015年に同じオーストリアでのテストでフォース・インディアを走らせていた。

エステバン・オコンは、そのシート争いに勝ち、ブラジルGP前にニコ・ヒュルケンベルグの後任として発表された。

フォース・インディアが自分を選んでくれたことは自信を与えてくれるが、同時にプレッシャーでもあるとエステバン・オコンは語る。

「テストは大きく役立った」とエステバン・オコンはコメント。

「そのテストをしていなかったら、彼らは僕について考えさえしなかっただろう。フォース・インディアが僕を望んだ。そのテストは最初の偶然だったけど、最終的にはそれが状況を変えた。今は彼らのシートを得たんだからね」

「良いテストだったし、彼らは僕を覚えてくれた。僕は彼らのために自分が考える最高のテストをした。それが彼らが僕を望んでくれた理由だ。僕たちはそのテストで2番手だったし、僕にとっても素晴らしいテストだった。最高のテストのひとつだったと記憶している」

「望んでくれたことは本当に嬉しいけど、プレッシャーもある。彼らにとって重要なことだからね。到着して、力強い仕事をしてくれると彼らは考えている。だから、そのために懸命に仕事をしなければならないし、結果を出さなければならない。僕はまだそれができていないので、そのためのハードワークが必要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | フォース・インディア