ダニール・クビアト
ダニール・クビアトは、現在ではトロ・ロッソのF1カーの実力を上回るパフォーマンスを発揮できていると感じており、2017年のトロ・ロッソに相応しいことを証明していると考えている。

ダニール・クビアトは、今年序盤にマックス・フェルスタッペンに代わって、レッドブルからトロ・ロッソへの出戻った。

それ以降、チームメイトのカルロス・サインツと比較して、パフォーマンス面で下回っていたが、過去3戦のうち2戦でチームメイトを上回っている。

ダニール・クビアトは、チームに復帰した際、マシンを快適に感じることに苦労し、プレッシャーを感じていたと認めるが、最近のレースではそこから抜け出すことができたと感じている。

2017年のシートに相応しいことを証明できたかと質問されたダニール・クビアトは「正直、今はクルマの実力を上回っていると思うし、これが十分でなければ、どうすればいいかわからない」と述べた。

「2回月前よりもはるかに快適に感じている。それは確かだ」

「快適さは自分自身で作らなければならないし、かなりいいと感じている」

「全ての週末のスタートをより楽しんでいるよ」

「簡単には行かないレースだということを事前に把握していることもあるけど、僕たちは戦い続けているし、自分のポジションに関係なく、自分のやっている仕事を楽しんでいる。毎日が楽しい」

「もちろん、数カ月前はいくらか疑いがあったけど、今は全てがクリアになっている」

「自分のやっていることが好きだし、出来るだけ長くこれをやっていたい」

レッドブルのジュニアドライバーであるピエール・ガスリーがトロ・ロッソのシートを狙っているが、ダニール・クビアトはそれほど長く待たなくていいことを願っている。
「時間が来ればわかことだ。まもなくだと思うけど、それが起こる前にはそれについては話したくはない」とダニール・クビアトは述べた。

「現在、僕のキャリアはレッドブルが握っている」

「すでに勝ったことのあるドライバーならば、すごく楽だろう。僕は表彰台に2回上がっているので、少しだけ楽だよ。でも、まだ勝っていない。僕とレッドブルの関係は良好だ。定期的な議論は必要ない。一度じっくり話し合って、それから決める。僕たちはお互いのことをよく知っているし、自分たちの意見を表現して、判断に耳を傾ける」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニール・クビアト | トロ・ロッソ