セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミは、現在のモータースポーツ活動を離れてF1に復帰するとすれば“良いオファー”があった場合だけだと述べた。

2011年末にトロ・ロッソのシートを失った後、セバスチャン・ブエミはトヨタからWECに参戦して2014年にチャンピオンを獲得。また、同時にフォーミュラEにルノー e.damsから参戦して2015-2016シーズンのチャンピオンに輝くなど、自身のキャリアを組み立て直してきた。

セバスチャン・ブエミは、レッドブルとの関係も維持し、先週はムジェロで改良版2015年F1マシンでピレリの2017年仕様の幅広いF1タイヤのテストを実施した。

「ワイドタイヤを装着したクルマはとてもクールに見えるし、クルマに乗っていても楽しい」とセバスチャン・ブエミは Blick に述べた。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ブエミをF1に戻すべきだとルノーにアドバイスしたが、ブエミは「全てを諦めになら良いオファーがなければならない」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ブエミ