セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミは、まだレッドブルのF1プログラムの一員だと語る。

2011年末でトロ・ロッソから放出されたセバスチャン・ブエミ(27歳)は、レッドブルとトロ・ロッソのメインのテスト兼リザーブドライバーを務めてきた。

その一方で、2014年にトヨタでWECチャンピオンを獲得し、現在フォーミュラEのランキング首位に立つなど、レッドブルF1以外の活動も充実している。

しかし、最近、フランス出身のGP2ドライバーで、2017年のトロ・ロッソのシートを狙うピエール・ガスリーが、今年レッドブルのリザーブドライバーを務めることが発表された。

ピエール・ガスリー(20歳)は、昨年後半すでにリザーブドライバーに就任していた。

「ガスリーが自分がサードドライバーと言っているのは知っているよ」とセバスチャン・ブエミはコメント。

「僕はまだここ(レッドブル)にいるし、シミュレーターでたくさん走っている。僕の知る限り、それは続いていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ブエミ | レッドブル