F1 フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、レギュレーションが変更になり、F1マシンが高速化した2017年も、ドライバーの腕が影響する部分は多くはないと考えている。

近年、テクノロジーがあまりに強くF1レースに影響を与えたことで、今年はレースをドライバーの腕に戻そうとする試みがなされてきた。

しかし、フェルナンド・アロンソは、プレシーズンテストで経験したマシンは、技術的な影響が増加しており、ドライバーが“奇跡”を起こすことはまだできないと感じている。

「今のテクノロジー、空力パッケージ、パワーユニットでは、ドライバーの影響力はさらに少なくなっていると思う」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「今のレベルのドラッグ、ダウンフォースでは大きなパワーが必要だし、昨年よりもストレートがちょっと長くなっているので、優れたハーベスティングとデプロイメントが必要だ」

「いくつかのコーナーはなくなり、全開でいけるようになる。去年であれば、20馬力低い場合、コンマ2〜3秒を失っていたけど、今年はコンマ5秒を失うかもしれない」

「今年、クルマの技術面のいくつかの重要性をさらに高くなっていると思うし、ドライバーはある時点まではやれるけど、奇跡を起こせるまではいかないだろう」

「クルマをプッシュして、自分のドライビングスタイルを示すという点では、以前のクルマよりは少しは違いを出せるかもしれない」

「去年は遅く走った方が、出来る限りタイムを稼ぐことよりも良いことがあった。その方がタイヤをセーブして、スティントを最大化できたからね」

「でも、今年はもう少しクルマをプッシュできるように思うし、タイムドラップを最大化するために自分のドライブングスタイルを生かせるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン