ハイメ・アルグエルスアリ
ハイメ・アルグエルスアリは、ここ2年間の自分の扱われ方に落胆を示した。

レッドブルは、2年半トロ・ロッソでレースをしたハイメ・アルグエルスアリを彼らのロースターから外し、ハイメ・アルグエルスアリは2012年のシートを獲得することができなかった。

ハイメ・アルグエルスアリは、F1から離れはしたが、ポイントを獲得できるチームに2013年のシートを約束されていたと述べた。

「2011年にF1で最高のシーズンを過ごしていたので、2012年に僕を起用しないレッドブルの理解できない決定のあと、2013年に僕がF1にいないと最終的にわかるまで、トラック外でこれほど戦わなければならないなんて想像していなかった」

ハイメ・アルグアルスアリは、フォース・インディアのシート獲得が噂されていた。

「ポイントを獲れるチームでシートが確定していたので、2012年の大部分は確信をもっていたとみんなに保証したい。彼らは僕に話していたし、僕もそれが事実だと信じていた。そう確信していたので、他の選手権でのチャンスを逃した。僕にコミットしていた人々は、受け入れなければならないけど、共有することはできないような理由を僕に与えた」

「F1はオークションになってしまった」

BMWがティモ・グロックと契約したことで、DMTのシート獲得の可能性も失ったハイメ・アルグエルスアリは、ピレリともう1年いることが2014年に復帰するチャンスになることを期待している」

「僕のキャリアは、22歳でF1で終わってしまったのか? いろいろあるけど、僕はそうは思っていない」

「ピレリのテストドライバーとしてF1での活動を続け、その分野で他のどのサードドライバーよりも多くの走行距離を重ねていくつもりだ。自分が何歳かはわかっているし、僕のトラックレコードもわかっている。自分がF1で勝てるクルマに値すると確信している。なので、そのために戦い続けていくつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ハイメ・アルグエルスアリ