【動画】 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダF1でシート合わせ
角田裕毅は、アルファタウリ・ホンダF1でシート合わせを実施。その模様を Sky Sports F1 が動画で公開した。

アルファタウリ・ホンダF1は、角田裕毅が11月4日(水)にイモラ・サーキットで2年落ちのマシン『STR13』でテストを実施することを発表。今季中のFP1出走の可能性にむけて資格を得るためだと説明している。

角田裕毅は、イタリア・ファエンツアにあるアルファタウリ・ホンダF1のファクトリーでシート合わせを実施。チーム代表のフランツ・トストやチームメンバー、エンジニアと会談し、マシンの他の側面に慣れるための作業も実施した。

今回のF1マシンでの初走行にむけて角田裕毅は「僕の最優先事項はそれらの300キロメートルを走ることです」とコメント。

「走行距離が長くなればなるほど、クルマの理解が深まるので、クラッシュしたり、コースから外れたりしたくないですし、気楽に走ろうと思います。でも、自分にはそれができると自信がありますし、いつも通りに運転するつもりです。F1カーでの初日を楽しみながら仕事に集中するつもりです」

「マシンに座ってピットレーンの出口で青信号を待っているときはかなり興奮すると確信しています」

イモラでのテストが終われば、角田裕毅の焦点は残りのFIA-F2のレースとなる。現在、ランキング3位につけている角田裕毅は、4位以上に入ればF1スーパーライセンス取得が可能となる。

「以前にも言ったように、4位が最低目標ですが、僕はレーシングドライバーなので、勝って1番になりたいと思っています。そして、このF1テストは僕にさらなるモチベーションと自信を与えてくれると確信しています」

角田裕毅は、現在FIA-F2でランキング3位につけているおり、2021年にアルファタウリ・ホンダでのF1デビューが期待されている。だが、ホンダF1が撤退を決めたことで将来に疑問が投げかけられた。

しかし、アルファタウリF1のチーム代表フランツ・トストは、レッドブルは角田裕毅の将来について実力に基づいて決断を下すと主張する。

「レッドブルの哲学は、政治的な理由でアルファタウリにドライバーを連れてくることではない。ドライバーは彼の競技での成功によってアルファタウリに来る。ホンダが継続するかどうかは関係ない」。

「角田裕毅はF2で素晴らしい仕事をしている。彼は2つのレースに勝った。1つはスパ、もう1つはシルバーストン、そしてオーストリアでは長い間リードしていたウェットコンディションで無線の問題で2位に終わった」

「彼は天性のスピードを持っている。彼はスキルを持っている。残りがどうなるか見てみるつもりだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ