ウィリアムズF1代表 「ラティフィはアブダビのクラッシュで不振に陥った」
ウィリアムズ・レーシングのF1チーム代表を務めるヨースト・カピートは、ニコラス・ラティフィのアブダビでのクラッシュに対する否定的な反応が、今シーズンの彼のドライビングに影響を与えたと考えている。

ニコラス・ラティフィは、物議を醸したシーズンの終わりの偶発的な攻撃対象となった。彼の後半のクラッシュがセーフティカーをもたらし、タイトルレースを劇的に変えた。

その意図的でない性質にもかかわらず、一部のソーシャルメディアユーザーは、ニコラス・ラティフィにオンラインで殺害予告を送信することを止めなかった。誹謗中傷がひどくなったため、ニコラス・ラティフィはセキュリティを強化し、ソーシャル メディア プラットフォームから離れた。

ウィリアムズのF1チーム代表であるヨースト・カピートは、チームは誹謗中傷が事態を悪化させるだけだと信じていたため、彼を過度にプッシュしないことが重要だと感じたと語った。

「我々は彼に自信を与え続けなければならなかった」とヨースト・カピートは High Performance Podcast に語った。

「我々は彼に『何も問題はない』と言った。すべてが順調だったが、それがシーズンの終わりだったので、それらを改善するのは非常に困難だった。彼らは皆休暇に入った。彼らは休暇を取らなければならないと言っていた」

「つまり、彼は毎日ここにいたわけではなかった。また、何が起こっているかを知っていたので、あまり干渉しなかった。彼がソーシャルメディアをオフにしたことは知っていたが、もし我々が干渉しすぎていたら、状況をさらに悪化させていたと思う」

「それは誰もが自分自身で乗り越えなければならないものだ。彼は、彼が何も悪いことをしていないと絶対に確信していたし、我々の支援があることを十分に認識していた」

「もちろん、クラッシュは起こるべきではなかったが、レースをしていれば、クラッシュが発生する可能性がある。そして、我々は決してドライバーのせいにはしない。クラッシュする可能性はある。クラッシュしたくない場合は家にいなければならない」

ウィリアムズF1チームからのサポートにもかかわらず、ニコラス・ラティフィのフォームは今シーズン悪化するだけであり、シーズンの終わりに彼が交代する可能性があるという純粋な疑いがある。ヨースト・カピートは、クラッシュへの反応が彼の運転に影響を与えたと信じていると語った。

「とても大変でした。誰にとっても難しいことだと思う。経験したことがない人は、それがどのように感じられるか分からないと思う」とヨースト・カピートは語った。

「ソーシャル メディアのスイッチを切っても、それを見ている他の人々と連絡を取り合っており、それが続いており、逃げることはできない」

「それも彼が競争力を見つけるのにシーズン中にかなりの時間を要した理由の一部だったと思う。その後の彼の運転に影響を与えたと確信している。そして、私にそのようなことが起こっていたら私のドライビングに大きな影響を与えただろう。私はこれについて完全に確信している」

「だから理解できる。だからこそ、我々は彼に自信を与え、シーズンを通して彼をサポートした。彼が戻ってくることは分かっていた」

だが、ニコラス・ラティフィが今シーズンにウィリアムズのF1シートを失うことはほぼ間違いなく。モンツァでのF1デビューで感銘を与えたニック・デ・フリースや育成ドライバーのローガン・サージェントが後任候補に挙げられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / ニコラス・ラティフィ