ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1の候補報道は「光栄に思う」
ニック・デ・フリースは、2023年のウィリアムズのF1ドライバー候補に自分の名前が挙がっていることを「光栄に思っている」と語る。

ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィを解雇する必要性を非公式で認めており、アルピーヌF1チームは、オスカー・ピアストリは2年間ウィリアムズに“ローン移籍”させると噂されていた。

メルセデスの現役フォーミュラEチャンピオンであるニック・デ・フリースは、F1スペインGPの金曜フリー走行でウィリアムズF1をドライブ。トト・ヴォルフは、F1シートを見つけられなければ、メルセデスF1が2023年に向けて「彼をリリース」必要があるかもしれないと認めている。

2023年のF1シートの噂について尋ねられたニック・デ・フリースは「もちろん、全員が夢とゴールを共有している」とtotal-motorsport.comに語った。

「F1に行きたくないと言ったら嘘になる。でも、僕は自分がやっていることにも満足している。最終的には僕の手に負えないことだし、何が起こるかは時間が教えてくれる」

「僕はトラックでは良い仕事をすることしかできない。僕の名前が挙がっていることを光栄に思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ