ウィリアムズF1、財政規則違反で330万円の罰金
ウィリアムズF1チームは、F1の財政規則に違反したとしてFIA(国際自動車連盟)から2万5000ドル(約330万円)の罰金を科された。

FIAは、F1の財務規則で要求されているように2022年3月31日の期限までに2021年の財務報告を提出しなかったとしてウィリアムズF1チームに制裁措置を取った。

「2022年4月12日、コストキャップ管理局はウィリアムズに手続き違反を犯したことを通知した」とFIAは火曜日に述べた。

「2022年4月15日、ウィリアムズは通知に応じて、手続き上の違反を犯したことを認め、その違反を回避するために取った措置を説明した」

「ウィリアムズの説明を考慮し、特に手続き違反は2022年3月31日の通年報告期限に先立ってウィリアムズによって自発的に開示され、ウィリアムズは違反の是正を求めることに全面的に協力してきたことを考慮して、コストキャップ管理局は、以下に示す条件で違反を解決するABAをウィリアムズに提供することが適切であると判断した。その申し出はウィリアムズによって受け入れられた」

「コストキャップ管理局は、本書の日付の時点で、ウィリアムズが指定された期限内に手続き違反を是正し、罰金を支払い、ABAの準備に関連してコストキャップ管理局が負担した費用を負担したことを確認する」

今年の1億4000万ドルの予算上限のしきい値に関して、コスト制限に近づいているチームは、チームの予算を食いつぶした急激なインフレ、エネルギーと貨物のコストの上昇、および世界的なサプライチェーンの問題を考慮に入れるために、FIAに後者を増やすように促した。

レッドブル、フェラーリ、メルセデス、マクラーレンはすべて変更を要求したが、スポーツの小規模なチームは1億4000万ドルの制限の引き上げに反対している。

ただし、しきい値を5%以下超えたF1チームに課せられるペナルティについても疑問がある。これは、「軽微な」違反となる。

「今年はすべての主要チームが1億4000万ドルの上限を超えると思う」とレッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、軽微な違反に対するペナルティはどのようなものか? 我々がやりたくないのは、最終的にチキンゲームをプレイすることだ

「4.9%オーバーなのか?4.7%オーバーなのかか? それは1つのアップグレードかもしれない。それはこの世界選手権の差別化要因かもしれない」

「我々に必要なのは、明快さ、迅速な明快さだと思う」

ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / FIA