ウィリアムズF1代表 「アルボンとラティフィはまったく同等に扱われる」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィは、同等に扱われると語る。

1年間、リザーブドライバーとしてレースを離れていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年はレッドブルを離れ、メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰を果たす。

しかし、ヨースト・カピトは、ニコラス・ラティフィにはチームがさらに進歩するのを助ける平等な機会があると語る。二人のF1経験はほぼ同じであり、ニコラス・ラティフィは39戦、アレクサンダー・アルボンは38戦を戦っている。

「もちろん、それは両方にとって良いことだ」とヨースト・カピトは語った。

「彼は加入したことで『オーケー、私はレースに勝ちたい』とは言わない。彼がニッキーと我々、そしてすべてのエンジニアとグローブの全員と一緒にチームを開発しなければならないことは明らかだ。そして、彼はこの役割を楽しんでいるようだ。彼はニッキーと非常にうまく働いている」

「我々にははナンバー1とナンバー2はない。両方ともまったく同じように扱われる。そこに疑いはない」

ヨースト・カピトは、ニコラス・ラティフィは、ジョージ・ラッセルの影に隠れてしまったものの、2021年に良い進歩を遂げたと語る。

「ニッキーは今年も良い仕事をした。すべての予選結果を見ると、彼がジョージを凌駕することができる立場にあったことを示していないという人もいるが、彼の責任ではない状況もあった」

「そして、ギャップを見れな、決して大きくはなかった。もちろん、ジョージのチームメイトになることは大きな挑戦だ。彼は本当によくやったし、今シーズンを通して多くを改善した」

「彼はまだセカンドシーズンだったので、まだ改善できると確信している。そして、昨年の最初のシーズンはCOVIDで本当に奇妙なシーズンだった」

「今年もたくさんの新しいサーキットがあり、彼にとって再び困難だった、それに基づけば、彼は素晴らしい仕事をした」

ヨースト・カピトは、アレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィのF2時代からの確立された関係は、チームにとってプラスだと語る。

「アレックスとニッキーは2018年にチームメイトとして一緒にレースをしていた。彼らはお互いを知っており、お互いを高く評価している」とヨースト・マピトは付け加えた。

「ジョージとアレックスは個人的な友人だ。チームが現在いる状況では、アレックスはチームにぴったりだと思う」

「アレックスにとって素晴らしい2度目のチャンスだと思う。そして、彼は我々の環境にうまく適合していると確信している。我々は彼と一緒にたくさんの楽しみを持っているし、彼も我々に対してそうだ。彼は非常にうまくいくと確信している」

チームを離れたジョージ・ラッセルについて、ヨースト・カピト「ジョージは素晴らしいチームリーダーだ。ダイヤモンドの原石という言い方は十分ではない。彼はすでに磨かれたダイヤモンドだ」

「そして、彼はまだ最高の状態ではない。彼はまだ良くなることができると思う。しかし、彼が今のステージではすべてのチームにとって大きな資産だ。そして、彼は我々のためにそうだった」

「一方で、彼が去るのを見るのは悲しいことだ。だが、それは予想できたことであり、我々は彼がこのチャンスを得られるようにサポートした。だから、彼がチャンスを得ることができてとてもうれしく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン / ニコラス・ラティフィ