ウィリアムズF1、デ・フリース不採用で強調「メルセデスのBチームではない」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、ニック・デ・フリースは、F1シートに値するドライバーだと考えているが、2022年のラインナップを決定する際には経験不足が阻害要因となったと概説した。

ウィリアムズF1は9月8日(水)、2022年のドライバーとして、ニコラス・ラティフィの残留と、元レッドブルのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンとの契約を発表した。

アレクサンダー・アルボンは、2019/20年にトロロッソとレッドブルでF1に参戦し、2回の表彰台を獲得している。

最近フォーミュラEのタイトルを獲得したニック・デ・フリースは、ウィリアムズF1のパワーユニットのサプライヤーであるメルセデスとのつながりに助けられて、ウィリアムズの潜在的な候補者として噂されていた。

ニック・デ・フリースは、フォーミュラEでメルセデスとタイトルを獲得するとともに、2021年にメルセデスF1のテスト兼リザーブドライバーを務めている。

「彼(トト・ヴォルフ)は、もう1シーズンに彼をフォーミュラEに参戦させられればハッピーだと思う」とカピトは語った。

「その一方、ニックはF1でのシートに相応しいと思う。だが、若さと経験のバランスをとる必要がある場合、アレックスの方がニックよりも有利であることは間違いない」

「来年のシートでニックの方が悪かったという意味ではない。まったくそういう意味ではない。採取的にトトは理解してくれている思う。我々は自分たちがBチームではないし、サテライトチームではないと理解している。我々は自分に合った決定を下さなければならず、彼はそれを完全に尊重している」

ヨースト・カピトは、彼の以前の経験とともに、アレクサンダー・アルボンが、2018年のF2時代にニコラス・ラティフィとチームメイトだったことが契約の助けになったと概説した。

「我々はついに若さとF1の経験の組み合わせを手に入れることができた。チームに非常によく適合することも分かっている。アレックスとニコラスはフォーミュラ2のチームメイトであり、非常に良い関係を築いている」とヨースト・カピトは語った。

「ウィリアムズが今いる場所では、ガレージの両側で良好な関係とコミュニケーションを確保する必要がある。彼らは過去に互いに協力していたので、彼らはお互いを知っている。これも考慮に入れられたものだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ