ウィリアムズF1、ラッセルの代役としてジャック・エイトケンを起用 / F1アイフェルGP
ウィリアムズF1は、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1からレースに出場するジョージ・ラッセルに代わり、ジャック・エイトケンが今週末のF1サヒールGPでニコラス・ラティフィとともにレースに出場することを発表した。

ジャック・エイトケンは、今年のウィリアムズF1のリザーブドライバーを務めており、バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されるF1サヒールGPがデビュー戦となる。

ジャック・エイトケンは、今シーズンの第2戦F1シュタイアーマルクGPのFP1セッションにウィリアムズから参加しており、FW43い精通している。リザーブドライバーとしての役割に加えて、今年FIA-F2に参戦するエイトケンは、2回の表彰台と8回のポイントフィニッシュを獲得している。

ジョージ・ラッセルは「まず、この機会を与えてくれたウィリアムズの皆さんに心から感謝している。今週末は別のレーシングスーツを着ているかもしれないけど、僕はウィリアムズのドライバーであり、あらゆる段階でチームを応援している」とコメント。

「僕は、この機会をグリッドで最高のチームから学び、ウィリアムズをグリッドのさらに上に押し上げるのに役立つさらに多くのエネルギーと経験を重ねて、改善されたドライバーとして戻ってくる絶好のチャンスだと思っている。僕を信頼してくれたメルセデスにも心から感謝している。当然ながら、誰もルイスに代りにはなれないけど、マシンに乗った瞬間から彼がいないチームのために全力を尽くす。最も重要なことは、僕は彼が迅速に回復することを願っていることだ。この機会を本当に楽しみにしているし、今週コースに出るのが待ち切れない」

ジャック・エイトケンは「今週末、ウィリアムズとF1デビューする機会を得られることを本当にうれしく思っている」

「ジョージがチャンスを掴んだこともとてもうれしい。今年初めにウィリアムズに加入して以来、ここはとても居心地がいいと言ってきたし、チームがまだ捉えられていないポイントフィニッシュを達成する助ける機会を得ることは、控えめに言っても非常に満足のいく機会だ。今後数日でできる限りの準備をしていくけど、正直、メルボルンから準備ができていると感じていた。また、ルイスの回復と、今週末にメルセデスをドライブするチャンスを得たジョージの幸運を祈っている」

ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは「我々の長期的なパートナーシップ、そして、ジョージのメルセデスとの提携は秘密ではない。ジョージが現在のコンストラクターズチャンピオンであるメルセデスに加わるこのユニークな機会を得ることをうれしく思う」とコメント。

「我々は、メルセデスとこの素晴らしい機会を彼に与えるための合意ができるように一生懸命取り組んできた。ジョージはウィリアムズのドライバーであり続けており、この経験からフレッシュに我々のところに戻ってくることを楽しみにしている。今週末のレースの成功を祈っている」

「また、ジャック・エイトケンというもう一人の英国人タレントにF1レースデビューをする機会を与えられることに興奮している。ジャックは今シーズンの初めにウィリアムズに加わり、COVID-19の制限により、我々が望むほど彼と交流することができなかったにも関わらず、彼はすぐにチームの非常に人気のあるメンバーになった。彼が実際にマシンを運転した以前の経験に基づいて、予選やレースの状況で何ができるかを見るのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1バーレーンGP