F1
ウィリアムズF1チームにとって、プレシーズンテストに2020年F1マシン『FW43』を走らせることが今季の最初の目標になる。

昨年、ウィリアムズは、プレシーズンテストまでに新車を準備できない唯一のチームだった。最初の2日間は走行ができず、3日目に初めて新車での走行を実施。しかし、開発の遅れは明らかで、シーズンを通してグリッド後方での戦いを強いられた。

「目標はその日までマシンを持っていることです。それより前にです」とウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは Marca に語った。

「それが実現という絶対的な自信を持っています。何かがうまくいかない多くの不測の事態に備えてきました」

「私たちにとって最初の兆候は、すべてのクラッシュテストに合格したことです。ほとんどのテストは最初の試行で合格しました。昨年、私たちは6回目の試みでもさえ、それらの多くに失敗しました」

2020年はレギュレーションが大幅に変更されていないため、ほとんどのチームの2020年F1マシンは昨年と類似したものになると考えられている。

しかし、クレア・ウィリアムズは「冬の間、特に空力周りだけでなく、メカニカルな問題を解決するために、いくつかの本当に難しい目標を設定しました」と語る。

「すべてがうまくいったと思っています。昨年の後半にいくつらか復活の兆しが見られるようになっていましたが、現在はすべてが空力数値とトラックとの相関関係に基づいています」

「2月に到着するときに自分たちがどこにいるかを見てみる必要があります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ