F1 ジェイミー・チャドウィック Wシリーズ
ジェイミー・チャドウィックが、今季からスタートした女性ドライバーのみで争われる国際レーシングシリーズ『Wシリーズ』の初代チャンピオンに輝いた。日本人で唯一参戦していた小山美姫はランキング7位でシーズンを終えた。

最終戦ブランズハッチで、ジェイミー・チャドウィック(21歳)は唯一の表彰台圏外となる4位でフィニッシュしたが、合計110ポイントを獲得し、ランキング2位のベイツケ・フィッサーに10ポイント差をつけて初代チャンピオンを獲得した。

ジェイミー・チャドウィックは、開幕戦ホッケンハイムと第3戦ミサノで優勝。最終戦を除くすべてのレースで表彰台を獲得した。

「今日のレースはこれまで経験したどのレースよりも大変でした。結果として4位で終えることになりましたが、フィニッシュラインを通過したときは本当に嬉しかったです。チャンピオンシップを獲得できて本当に嬉しく思っています」とジェイミー・チャドウィックは語った。

チャンピオンを獲得したジェイミー・チャドウィックは、賞金50万ドル(約5,280万円)を受け取る。

小山美姫は、30ポイントの獲得でランキング7位でシーズンを終えた。

2019年 Wシリーズ ポイントランキング
PosDriver国籍ポイント
1ジェイミー・チャドウィックイギリス110
2ベイツケ・フィッサーオランダ100
3アリス・パウエルイギリス76
4マルタ・ガルシアスペイン66
5エマ・キミライネンフィンランド53
6ファビエンヌ・ウォルウェンドリヒテンシュタイン51
7小山美紀日本30
8サラ・ムーアイギリス24
9ヴィッキー・ピリアイタリア24
10タスミン・ペッパー南アフリカ22
11サブレ・クックアメリカ12
12ジェシカ・ホーキンスイギリス12
13ケイトリン・ウッドオーストラリア11
14ゴシア・デストポーランド10
15エスミー・ホーキーイギリス2
16ナオミ・シフドイツ2
17ヴィヴィアン・ケストヘイハンガリー1
18シェ・ホルブルックアメリカ0
19サラ・ボビーベルギー0
20ミーガン・ギルクスカナダ0


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ