ロバート・クビサ F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、ロバート・クビサがアブダビGP後のF1テストを担当する“有力な候補”だと認める。

ロバート・クビサは、ウィリアムズの2018年のドライバー候補として検討されており、先月にはハンガリーでプライベートテストを実施。同じくドライバー候補であるポール・ディ・レスタとともに2014年のウィリアムズのF1マシンを走らせた。

この数日間、元F1ドライバーのロバート・クビサが、F1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで行われるポストシーズンテストで2017年F1マシンを走らせて、能力を示すチャンスを与えられるとの推測が広まっている。

ウィリアムズの技術責任者で共同オーナーでもあるパディ・ロウは「我々は2日間のタイヤテストのための最適なオプションを検討している。彼(クビサ)は間違いない強力なオープションだ」とフィンランドの放送局 C More にコメントした。

今年ドライバーを務めたフェリペ・マッサは、今シーズン限りでF1引退を発表。ロバート・クビサ、ポール・ディ・レスタの他にもパスカル・ウェーレイン、ダニール・クビアトが候補者に挙げられている。

「我々は柔軟な姿勢をとっている」とパディ・ロウはコメント。

「重要なことは、パフォーマンス面でベストな来年のラインナップを揃えることだ」

噂では、トロ・ロッソのシートを喪失され、レッドブルのドライバープログラムからも外されたダニール・クビアトが、ロシアのスポンサーをウィリアムズにもたらすとされている。

しかし、ロシア自動車連盟のイゴール・エルミリン会長は、ロバート・クビサが最も可能性が高いと考えている。

「純粋に競技面を考えれば、彼らはほぼ同等だ。しかし、PRという視点で考えれば、ロバートのストーリーは好ましいかもしれない」とイゴール・エルミリンは Sportbox に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ウィリアムズ