マックス・フェルスタッペン 「現在のF1での成功の波を楽しむことが重要」
マックス・フェルスタッペンは、2回目のF1ワールドチャンピオン獲得が近づいているなかで、自分とレッドブル・レーシングにとって重要なのは、現在のF1での成功を楽しむことだと語る。

前戦F1イタリアGPで5連勝を達成したマックス・フェスタッペンは、ドライバーズチャンピオンシップでシャルル・ルクレール(フェラーリ)との差を116ポイントまで拡大した。

数字的に、マックス・フェルスタッペンは、さらに17ポイント差をつければ、次戦F1シンガポールGPで2回目のF1ワールドチャンピオンを獲得することになる。

また、マックス・フェルスタッペンは、1シーズンの最多勝利数の記録にも迫っている。今年これまでに 11 勝を挙げており、残り6レースで2勝すれば、セバスチャン・ベッテルとミハエル・シューマッハが共有している記録に並ぶ。

モンツァでの勝利後、連勝している現在の感情についてマックス・フェルスタッペンは「チーム内で経験していることは驚くべきことだ」と語った。

「僕たちは素晴らしい年を過ごしているし、それを楽しむことも重要だ」

「さまざまな種類のトラックでさまざまな課題を抱えてきたと思うけど、今では車はすべてのトラックで機能しているようだ。僕たちはとても満足している」

マックス・フェルスタッペンが、2022年のF1ワールドチャンピオンへの簡単な道は、ルイス・ハミルトンとのシーズンにわたる激闘の末にファイイナルラップで初のタイトルを獲得した昨年とはまったく対照的だ。

以前、レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2021年のタイトル争いのプレッシャーを考えれば、フェラーリがより大きな戦いを繰り広げてくれればよかったと思うようなことは「1オンスもなかった」と述べている。

マックス・フェルスタッペンは、過去3レースで7番グリッド以下からスタートしたが、レッドブル・レーシングはフェラーリのパフォーマンスレベルを引き離しており、毎回そこから挽回して連勝を続けている。

マックス・フェルスタッペンは、現在の成功のはカートでの彼の最後の年と似ているが、F1でそれを繰り返すことは「感情の点で非常に異なっている」と語った.

「その時点で、目標はF1だ。もちろん、達成したことを楽しんではいるが、F1にたどり着くまでにはまだ長い道のりが残っていると考えるものだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「だから、興奮の波と自分が感じることは少し異なる。でも、ゴーカートでの最後の年も素晴らしかった」

マックス・フェルスタッペンがF1シンガポールGPでのチャンピオンシップを残り5レースで確定させた場合、2002年のミハエル・シューマッハの残り6レースでのタイトル獲得して以来、最も早い戴冠式となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル