レッドブルF1&フェルスタッペン、ポーパシング対策に笑い止まらず / ベルギーグランプリ
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、FIA(国際自動車連盟)のポーパシング対策がRB18に損害を与えたかと質問され、くすくす笑うしかなかった。

「そうだね。あの技術指令は僕たちにとって非常に悪いものだったね(笑)」とマックス・フェルスタッペンはDe Telegraafは語った。

実際、F1の他の2つのトップチームであるフェラーリとメルセデスは、スパ・フランコルシャンでのマックス・フェルスタッペンのかつてないほどのパフォーマンスアドバンテージに驚愕している。

F1ベルギーGPの週末から、新しいグラウンドエフェクト効果のフロアに関する特定のパラメーターが、空力的なバウンシングや「ポーパシング」の結果を制限するための安全志向で導入されている。

「まぁ、私の妻はサイズは問題ではないとよく言いっているよ」とレッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは微笑んだ。

「だから、10ミリについてあまりこだわるつもりはない」

「この時期に導入するのは不便だが、それは誰にとっても同じだ。最終的に数値について交渉し、合意された数値になった」

その結果、少なくともスパ・フランコルシャンでは、レッドブル・レーシングにとって大きなパフォーマンス上のアドバンテージとなった。

「それが僕たちの車に大きな違いをもたらすとは思っていなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った.

「それがフェラーリに当てはまるかどうかは分からない。メルセデスはとにかく今年はトップスピードが少し足りないので、ここで競争力がないのは当然だ」

「それはトラックのレイアウトにも関係している。今年、僕たちはストレートで速いし、どういうわけかそれをコーナーでのスピードと組み合わせることができるようになった。そうすれば、ここで大きなギャップを作ることができる」

「だけど、ここでこんなに増えるとは思っていなかった」

マックス・フェルスタッペンは、タイトルのライバルであるシャルル・ルクレールと同様に、日曜日のF1ベルギーGPでエンジン ペナルティによりグリッドのかなり後方からスタートすることになる。

しかし、マックス・フェルスタッペンのその非常に大きなスピードアドバンテージから、レースに勝つと考える人もいる。

「まあ、僕たちの車のペースを考えれば、前進したいと思っているし、少なくとも表彰台に上がりたいと思っている」とマックス・フェルスタッペンは語った。

勝利の可能性について、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは微笑んだ。

「しかし、私もそれを除外するつもりはない」とヘルムート・マルコは語った。

メルセデスF1のジョージ・ラッセルも「マックスはフィールドを駆け抜け、おそらく快適にレースに勝つと思う」と同意する。

「彼とレッドブルは他の誰よりも数マイル先を行っている」

アルファ・タウリのピエール・ガスリーは「マックスがどれだけ速いかを見ると、彼はいずれにしろ勝つので、毎レース罰せられるべきだと思ったね」冗談交じりに語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1ベルギーGP