レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「メルセデスF1との緊張が再熱する可能性」
マックス・フェルスタッペンは、最近のメルセデスF1の進歩によって再び戦いに戻ってきた場合、レッドブル・レーシングとの緊張関係が再燃する可能性があると考えている。

昨年のレッドブル・レーシングとメルセデスF1との間の激しい競争は、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンにコース上で複数の引火点ともたらした。

それだけでなく、両チームの緊張関係は、クリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフのチーム代表間のコース外での言葉の戦争にもつながった。

最終戦F1アブダビGPでは、物議を醸したファイナルラップで、メルセデスF1はルイス・ハミトンがマックス・フェルスタッペンにF1ワールドチャンピオンを奪われたと感じ、シーズン終了後も激しい争いが起こった。

今シーズンのこれまでのところ、メルセデスF1は新世代F1マシンからパフォーマンスを引き出すのに苦労しており、レースで勝利を目指して戦うことはできなかった。

しかし、過去4レースでの連続した表彰台は、メルセデスF1が上昇傾向にあり、実力でレースの勝利のためにそれを戦いに戻る可能性があることをを示している。

その場合、レッドブル・レーシングとメルセデスF1の間に新たな綱引きが発生する可能性があるとマックス・フェルスタッペンは考えている。

「昨年の争いは必ずしもドライバー間ではなく、チーム間で起こった」とマックス・フェルスタッペンはServusTVに語った。

「もちろん、現時点ではメルセデスと戦ってはいない。もう一度僕たちが戦うことになれば違ってくると思う。シーズンの終盤かもしれない。どうなるか見ていくつもりだ」」

だが、マックス・フェルスタッペンは、メルセデスF1がレッドブル・レーシングやフェラーリにとって差し迫った脅威であるとは考えていない。

「彼らはシーズン序盤よりも良いけど、もう少し必要だ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「彼らは1周では悪くはないけど、日曜日のレース(オーストリア)では、僕たちはすぐに彼らを引き離した」

「それは異なるサーキットにも関係していると思う。シルバーストンでは、彼らはレースで非常に速かった」

「それは僕たちとフェラーリも同じだ。最終的には詳細が違いを生む」

マックス・フェルスタッペン F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル