マックス・フェルスタッペン 「セルジオ・ペレスはレッドブルF1の防衛大臣」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、昨年のF1アブダビGPでルイス・ハミルトンを抑え込んだチームメイトのセルジオ・ペレスに“防衛大臣”という新しいニックネームをつけた。

F1アブダビGPでルイス・ハミルトンがピットインした後、中古のタイヤでステイアウトしたセルジオ・ペレスは、決死のディフェンスでハミルトンの行く手を阻んだ。これにより、マックス・フェルスタッペンはライバルとの6秒のギャップを縮めることができ、ファイナルラップの逆転劇に繋がった。

レッドブルF1が公開した2021年を回想するビデオで、マックス・フェルスタッペンはその日のセルジオ・ペレスについて「彼は今や防衛大臣だね」と語った。

マックス・フェルスタッペンとレッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1のファクトリーを壁に飾られた写真を見ながら2021年シーズンを振り返った。

F1アゼルバイジャンGPでのセルジオ・ペレスの優勝について話している際、クリスチャン・ホーナーはメキシコ人への賞賛を倍増させた。

「彼は今年、素晴らしいチームメイトだったと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。「君たちの間の雰囲気は素晴らしかった。彼はアブダビに関して君にビールの貸しがあると言っている・・・」

「おお!たくさんのビールを奢ってあげるよ。楽しくなるだろうね」と新しいF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンは返した。

また、セルジオ・ペレスは、母国GPであるメキシコで表彰台に上がりました。彼の父親の恍惚としたお祝いは、ファンにとって週末のハイライトの1つだった。

F1メキシコGPの週末を振り返ったマックス・フェルスタッペンとクリスチャン・ホーナーは、メキシコのファンがセルジオ・ペレスにどれほど情熱を持っているかについて話した。

3位でフィニッシュしたセルジオ・ペレスがホームレースで表彰台に上った最初のメキシコ人になったことは、メキシコのファンにとってさらに嬉しいことだった。

「僕たちがそこに着いたとき、ファンはすでに本当に熱狂的だった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「もちろん、チェコのファンはたくさんいるけど、今ではチームにチェコがいるので、どこもレッドブルでいっぱいだった」

「レースに勝ったことは本当に嬉しかったけど、ホームグランプリでチェコが表彰台に立つのを見れたのもとても嬉しかった」

「チェコのお父さんは祝っていた。彼はまだ祝っていると思うよ!」

クリスチャン・ホーナーは「君が(表彰台に)マシンを近づいたとき、チェコのお父さんがマシンに乗り込むんじゃないかと思ったよ」と笑いながら答えた。

セルジオ・ペレス自身は、2022年にさらに腕をあげて、より一貫性を保つ必要があることを認めているが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーのヘルムートマルコは、マックス・フェルスタッペンと並んだ彼のパフォーマンスを評価し、チームにとってペレスと契約するという決定は正しいことだったと語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス