ロン・デニス、マックス・フェルスタッペンのF1タイトル獲得を予想 「ホンダF1はエンジン性能を安定させた」
元マクラーレンの総帥ロン・デニスは、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを倒して2021年のF1タイトルを獲得すると予想する。

ロン・デニスは、37年間にわたってマクラーレンで影響力をもち、多くの成功を収めてきた。その中にはマクラーレン・ホンダの黄金時代が含まれるが、2015年にホンダをF1に復活させた第2期マクラーレン・ホンダの失敗もある。

また、ロン・デニスは、ルイス・ハミルトンをドライバーとして秘蔵っ子としてデビューさせ、マクラーレンで最初のF1ワールドチャンピオンを獲得させるまで育成した恩師でもある。

レッドブル・レーシングは、2013年に最後にタイトルを獲得して以来、最も持続的なタイトル争いを繰り広げている。

ロン・デニスは、2021年のF1ワールドチャンピオンとして自身の教え子であるルイス・ハミルトンではなく、マックス・フェルスタッペンを予想し、フェルスタッペンがタイトルを逃すとすれば、それはレッドブルをミスをしたときだと考えている。

「レッドブルの技術者には多大な敬意を払っている。ホンダはエンジンパフォーマンスを非常に安定させていると思う」と2017年にマクラーレンを去ったロン・デニスは Sky Sports F1 に語った。

「だから、フェルスタッペンがタイトルを獲得すると思う。そうならない場合、それはパフォーマンスが足りないからではなく、ミスを犯したからだろう」

「問題は、どのような状況でそういったミスが発生するのかということだ。シーズンの終わりは非常にカラフルになるだろう。だが、私ならフェルスタッペンを支持する」

F1は、最も成功したドライバーと新進気鋭のスーパースターとの間のリアルのチャンピオンシップバトルを長い間待っていた。今シーズンは、メルセデスとレッドブル・ホンダンのマシン性能が拮抗し、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンが激しい決闘を繰り広げている。

二人は2回のクラッシュを引き起こしている。1度目はF1イギリスGPでマックス・フェルスタッペンがリタイアしてルイス・ハミルトンが優勝。2回目はF1イタリアGPで両者ともにリタイアとなった。

ロン・デニスは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの両方が、ホイール・トゥ・ホイールのバトルを避けるようなことは望んでいないと語る。

「ライバル関係は素晴らしい。メディアはそれを誇大宣伝しているが、彼らは絶えず火に水をかけている。彼らは物事を落ち着かせようとしている。彼らは真のプロフェッショナルだ」と若者のスポーツでの負傷を減らすのを助ける非政府機関であるポディウム・アナリティクスを立ち上げたロン・デニスは語った。

「多くのスポーツでは、プロフェッショナルなファウルがある。モーターレースでは、マシンが互いに接触した場合の結果を予測するのは困難だ。イタリアGPのように、一方のマシンがもう一方のマシンに乗り上げるたり、スピンオフしてバリアにぶつかるかどうかは分からない」

「現実には、これら2人のドライバーは完全にプロで、彼らは自分たちが何をしているのかを分かっており、レースの早い段階でリードすることが重要であることを知っている。だから、彼らは本気でリスクを冒し、成功することもあれば、失敗することもある。そして彼らの二人に見たくないのは、彼らが退いて、怖気づいてしまうことだ。2匹の発情した若い雄鹿だ」

ロン・デニスは、F1カーの信頼性によっては、チャンピオンシップが純粋にドライバーのスキルに基づいて決定されることを意味すると考えている。

「負けるのが好きな人はいないので、ルイスはゲームで遅れをとることにまったく満足しないだろう。だg、あ彼のモチベーションとトップドライバーとしてのモチベーションは戦わなければならないことによって強化される」

「グランプリカーでの戦いは非常に際どい。マシンに対してアグレッシブすぎると、あまりに早くタイヤを破壊してしまい、レースの結果は非常に早い段階で決定してしまう。すべてが非常に僅差のように見えるが、現実には、マシンがもう一台の後ろにいるとき、タイヤを労わるのははるかに大きな挑戦になるだろう」

「エンジンなどすべてに非常に信頼性があるので、2人の剣闘士の間の戦いだ。結果は、1人が勝ち、もう1人が負けなければならない」

ロン・デニスとルイス・ハミルトン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン