マックス・フェルスタッペン、予選のノリスのクラッシュ後にF1幹部と会談 / F1ベルギーGP
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPの予選Q3でランド・ノリス(マクラーレン)がクラッシュした後、レースディレクターのマイケル・マシと会談したことを明かした。

予選中、スパ・フランコルシャンには“スパ・ウェザー”の混乱に見舞われ、最終セクションではさらに雨脚は強くなった。

セバスチャン・ベッテルが、無線で“赤旗にすべき”と危険なコンディションを指摘したにも関わらず、予選Q3の序盤に赤旗が提示されることはなかった。

そして、最初にアタックを試みたランド・ノリスは、オー・ルージュでハイドロプレーニング現象を起こしてバリアに激しくクラッシュ。病院でレントゲン検査を受けたが、幸いにもレース出場が許可された。

ポールポジションを獲得したマックス・フェルスタッペンは、ランド・ノリスのクラッシュによってようやく赤旗が提示されたことを懸念し、メディアでとの任務を終えた後、マイケル・マシンのオフィスへと向かった。

「すでに雨が激しく降っていたので、数秒前に停止する必要があったかもしれない」とマックス・フェルスタッペンは DeTelegraaf に語った。

「記者会見から戻ってきたとき、彼の事務所に行って、しばらく彼と話をした」

「すでにベッテルがそこにいた。ランドの状況はうまくはいかなかったけど、他のセッションはうまくいっていた」

そして、議論の末、マックス・フェルスタッペンは、今後、マイケル・マシがコース上のコンディションを理解するのを助けるためにドライバー協力することができるという結論に達した。

「僕たちはドライバーとして何ができるか、何ができないかを伝えることができると日曜日に話し合った。可能であれば運転し、不可能な場合は赤旗が出される。僕たちは彼を助けようとしている。彼は中にいて、正確な状態を把握していない」とマックス・フェルスタッペンは説明した。

「Q3では、少しリスクを冒さなければならない。でも、あまりプッシュしすぎてもいけない。そうすると、8番目または9番目になってしまうからね。

「雨のときは、ドライよりもずっと注意する必要がある。ブレーキやステアリング操作が遅すぎると、多くのタイムを失うことになる」

「後から考えると、今のように考えられるけど、マシンに乗ったら、集中しなければならない。完全に台無しにすることもある。簡単ではない。」

日曜日のレースでは、雨は激しく、より持続し、マックス・フェルスタッペンは最終的にセーフティカーに続いて走行を終えてレースのウィナーとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ベルギーGP