マックス・フェルスタッペン、レッドブルF1の異議申し立てで証言
マックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPのルイス・ハミルトンの寛大なペナルティに対するレッドブルF1の異議申し立てで証言を行う。

FIA(国際自動車連盟)は、今週木曜日にレッドブルF1が提出したF1イギリスGPでスチュワードが下したルイス・ハミルトンへの10秒ペナルティについて再審を行う。

マックス・フェルスタッペンは、オープニングラップで全開のコプスコーナーでルイス・ハミルトンに接触されたことでクラッシュを喫し、チャンピオンシップのリードを大幅に縮められた。

「もちろん、少しあざができているけど、あのような大きな影響を受ければ普通のことだ。トレーニングしているし、フィーリングはいい感じだ」とマックス・フェルスタッペンは語った。

先週末、マックス・フェルスタッペンは、自宅のシミュレーターで24時間レースに参加し、反応をテスト。「完全に問題ない」と感じたと語っている。

「僕の猫がシミュレーターに乗っているよ」とマックス・フェルスタッペンはレースのライブストリーム中に笑った。

「これからパンケーキを作るけど、ブレーキペダルの下に飛び込まないことを願いたいね」

「僕は彼らをトトとルイスと呼んでいるんだ」とマックス・フェルスタッペンは冗談を言った。

一方、はるかに深刻なことに、FIAが、レッドブルがクラッシュを引き起こしたルイス・ハミルトンに対する10秒ペナルティへの異議申し立てを受理したことだ。

FIAの文書は、木曜日のハンガリーの現地時間午後4時にレッドブルのチームマネージャーと“競争相手が要求するかもしれないような目撃者”にビデオリンクを介して抗議聴聞会に出席するように求めている。

初期の憶測は、レッドブルF1が異議申し立て成功するために提供する必要がある“新しい証拠”はマックス・フェルスタッペンの個人的な証言だとされている。

マックス・フェルスタッペンは「車に乗っているときにシルバーストンで何が起こったのかを知っている」と語った。

「チームはクラッシュ後に調査する必要のあるものやあらゆるものの公式な側面を処理することができるけど、私の仕事はいつもと同じだ。できる限りベストを尽くし、日曜日に勝つことを試みることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1