F1:マックス・フェルスタッペンとミハエル・シューマッハの類似点
元フェラーリのF1ドライバーであるエディ・アーバインは、現時点でのF1グリッドで最速のドライバーはレッドブル・ホンダのマックスフェル・スタッペンがであり、ミハエル・シューマッハを思い出させると語った。

レッドブル・ホンダF1がついにメルセデスと競争できるマシンを設計したことで、マックス・フェルスタッペンは2021年シーズンの最初の6ラウンドの後、ドライバーズ選手権のポイントリーダーに立っている。

エディ・アーバインは、マックス・フェルスタッペンにフェラーリ時代のチームメイトであるF1レジェンドのミハエル・シューマッハとの類似点を見い出している。

「それはミハエル・シューマッハ効果に少し似ている」とエディ・アーバインは Betway.com とのインタビューで語った。

「彼は常に超高速であり、グリッド上で群を抜いて最も支配的なチームリーダーであることがわかる。彼はチーム内に多くの異なるセカンドドライバーを抱えたが、誰も彼に近づいていない」

「ルイス(ハミルトン)はチームメイトによって定期的に予選で負け、パフォーマンスを上回らているが、ルイスは完璧なプロであり、弱点はほとんどない。だが、フェルスタッペンはおそらく究極の才能であると言わざるを得ない」

「これまでの2021シーズンは素晴らしかった。フェルスタッペンは間違いなく現時点で最速のドライバーだ。しかし、ルイス・ハミルトンはおそらく依然としてトップドライバーだと言わざるを得ない。この2人の男がそれに挑戦するのを見るのは素晴らしいことだと思う。素晴らしいシーズンになるだろう」

また、エディ・アーバインは、最近の両方のドライバーのメディアに対する発言にも触れた。

「個人的に問題だとは感じたことはなかった」とエディ・アーバインは説明した。

「私にとって、それはすべて1つの専門的かつ個人的な状況だ。愛と戦争はすべて公平であり、F1は戦争だと考えているので、自分が助けになると感じたことを批判したり言ったりすることに何の問題もない。私と私のチーム、そして、私は他の誰も気にしなかった」

そして、エディ・アーバインは、バルテリ・ボッタスとセルジオ・ペレスの役割を強調し、両方のドライバーはより才能のあるチームメイトをサポートするためにそこにいると率直に述べた。

「彼らの仕事は彼らができる最善を尽くすこと、それだけだ」とエディ・アーバインは語った。

「ボッタスは以前、最近よりも頻繁にハミルトンを破った。ペレスはフェルスタッペンに対して新しい。しかし、フェルスタッペンはゲームがすでに終わっていることを示している。どちらも事実上のナンバー2だ。しかし、ハミルトンとフェルスタッペンのような2人の男に対して、それは大きなネガティブだとは思わない」

「F1の誰もがこれらの2人の男に立ち向かい、定期的に彼らを倒すとは思わない。ハミルトンは今では年を重ね、彼のペースは以前ほど良くないと思うが、私が言ったように、彼はまだ完璧なプロだ」

「フェルスタッペンと対峙する人は誰でも、彼の純粋なスピードみ倒されることを人々は知っていると思る」

エディ・アーバインは、ミハエル・シューマッハとの仕事がどのようなものであったかについての洞察を提供した。

「シューマッハのチームメイトであることは、ある意味で素晴らしかった。なぜなら、史上最高のドライバーであると今でも信じている人と仕事をすることができたからだ」とエディ・アーバインは説明した。

「もちろん、ミハエル・シューマッハのような人と対戦するときは、特に見栄えがすることはない。しかし、私がそこに着くまでに、シューマッハは非常に特別だと見なされていたので、ある意味で幸運だった」

「ミハエルは純粋な才能だったので、学ぶのは大変でした。彼はレーシングカーを最大限に活用する素晴らしい能力を持っていた。そそういうことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ミハエル・シューマッハ