マックス・フェルスタッペン 「メルセデス2台を倒すには十分ではなかった」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP 結果
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの決勝レースで2位表彰台を獲得した。

スタートで3番手を確保したマックス・フェルスタッペンは、セーフティカーのリスタートのターン1でルイス・ハミルトン(メルセデス)をパスして2番手に浮上し、首位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)に迫る。

10周目の終わりにオーバーステアの症状が出てハミルトンに接近を許すと、その後のターン1でパスされ、3番手に。ハミルトンはそのまま首位に躍り出たため、ボッタスを追走する形になる。

フェルスタッペンが徐々にボッタスとの差を詰めたところで、レッドブル・レーシング・ホンダはアンダーカットを目指して35周目にハードタイヤへの交換を敢行。メルセデスもこれに反応し、この1周後にボッタスをピットインさせるが、アウトラップのターン5でフェルスタッペンがオーバーテイクを決め、2番手へと順位を上げた。

64周目にはピットインしてソフトタイヤに交換し、ファステストラップポイント獲得を目指す。フェルスタッペンは、最終ラップでボッタスを0.016秒上回ってファステストラップを記録したが、このラップのターン15でトラックリミット違反と裁定され、タイムが取り消される。それでも、2位を守り18ポイントを獲得した。

「このコースは僕たちのマシンに合っておらず、全体的にグリップの不足があり、ペースもライバルに及ばないレースウイークだったと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「昨年もここではすごく強かったわけではないので、今年は少し向上できたと思うし、メルセデスの1台には先行できた。ただ、彼らを2台とも倒すには十分ではなかった。とはいえ、2位という結果は上々で、今シーズンはコース特性によって僕らが強かったり、メルセデスが上を行ったりするのだろうと思う」

「今日のレースは妥当な結果だったし、安定してプッシュできたのはいいことだ。バルテリ(ボッタス)がグリップに苦しんでいたので、プレッシャーをかけようとしたけど、僕の背後にいたルイス(ハミルトン)のほうが、明らかにペースがあり、2台ともパスされてしまいまった。ピットストップでバルテリをオーバーカットできたけど、ハードタイヤでは若干僕たちのほうが遅く、数周はルイスに対抗できましたけど、その後は無理だった。レース終盤には、バルテリも追いついてきて、彼らにペースがあったことを示した」

「ファステストラップが、馬鹿げたトラックリミットで取り消されるのは残念だね(笑)。グラベルを設置すべきだ。しょうがないことなので、僕たちはトライし続け、この差を埋めていかなければなたない」

「今日は貴重なポイントを獲得できたけど、バルセロナは普段のようなグリップのあるコースで、過去の成績もいいので楽しみにしているし、各チームの実力がはっきり分かるサーキットだと思う。まだシーズンの先は長いので、これからもいろいろなことが起こるはずだ」


2021年 F1ポルトガルGP 決勝 結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
3.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
5.ランド・ノリス(マクラーレン)
6.シャルル・ルクレール(フェラーリ)
7.エステバン・オコン(アルピーヌ)
8.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
9.ダニエル・リカルド(マクラーレン)
10.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
11.カルロス・サインツ(フェラーリ)
12.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
13.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)
14.ランス・ストロール(アストンマーティン)
15.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
16.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
17.ミック・シューマッハ(ハース)
18.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
19.ニキータ・マゼピン(ハース)
DNF.キミ・ライコネン(アルファロメオ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1ポルトガルGP