マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1の限界のない仕事ぶりに感激」
マックス・フェルスタッペンは、ホンダF1の“限界のない”仕事ぶりに感銘を受けたとし、特に今シーズン、エンジントラブルでリタイアしなかったことが重要だったと語る。

今年、レッドブルはルノーとの13年間のパートナーシップを終えて、ホンダのF1エンジンを搭載。そのポテンシャルは未知数だったが、マックス・フェルスタッペンが3勝を含めた9回の表彰台を獲得し、両方のチャンピオンシップを3位で終えた。

レッドブルは新しいフロントウイング規約に苦戦し、序盤戦は苦戦を強いられたが、エンジンのアップグレードと並行してシャシーの改善を勧め、最終的に予選で3回のポールポジション、3回のファステストラップを記録する戦闘力を身に着けた。

「新しいウイングを機能させるのに少し時間がかかってしまったけど、シーズン中にそれに慣れていった。でも、僕たちはシーズンを通してマシンとエンジンを改善させたし、それについては満足している」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「最終的にワールドチャンピオンを争いたければ、リタイアすることはできない。僕たちはエンジンを5回交換したけど、それらはアップグレードのためであり、エンジンが摩耗したからではない。それは良いことだ」

「僕にとって重要だったのは信頼性のあるエンジンを手に入れることができことだ。過去に僕たちはそれに苦しんでいたからね。僕たちはホンダの問題でリタイアしたことは一度もなかった。それは僕たちがワールドチャンピオンを争うために必要なことだ」

「ホンダの仕事ぶりには本当に感銘を受けている。そこに限界はないし、彼らはあらゆることをするだろう」

「そこには多くのポテンシャルがある。今年を通して、彼らは設定した目標や約束したもの以上の全てを届けてくれた。パートナーシップを継続できることにとても満足しているし、来年はさらに前進できることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1