マックス・フェルスタッペン陣営、メルセデスとフェラーリとの交渉を示唆
マックス・フェルスタッペンの父親ヨス・フェルスタッペンは、2021年にむけてメルセデスとフェラーリと交渉する可能性を示唆した。

今年、レッドブル・ホンダで3勝を挙げてドライバーズランキング3位でシーズンを終えたマックス・フェルスタッペンは、2020年がレッドブルとの契約の最終年であり、史上最年少F1ワールドチャンピオンを獲得する最後のチャンスでもある。

ホンダのF1エンジンを搭載するレッドブルは、2021年もマックス・フェルスタッペンを確保するために、2020年にタイトルを獲得できるパッケージを得ることへのプレッシャーがかかっている。

マックス・フェルスタッペンの父親で共同マネージャーを務めるヨス・フェルスタッペンは、2021年にチームを移籍する可能性があることをまったく隠していない。

「全員と話すべきかどうかはわからないが、少なくともトップチームと話をするべきだ」とヨス・フェルスタッペンは Ziggo Sportに語った。

「ルールは同じままであるので、レッドブル・ホンダが来年初めから戦える可能性がより大きくなるだろう」

「良い希望を持っているが、状況がどのように進むのかを見極めなければならない」

しかし、ヘルムート・マルコは自信を持っている。

「もちろん、メルセデスが有力候補だが、2020年は我々の年になるはずだ」とヘルムート・マルコは Formule 1 に語った。

また、ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンはF1ワールドチャンピオンに勝つ準備が整っていると考えている。

「マックスにとって非常に成熟したシーズンだった。これまで見た中で最も成熟したマックスだった」とヘルムート・マルコはコメント。

「また、我々はホンダに期待できることもわかっている。彼らはこれまで我々に約束したことを届けてくれている」

通常は、マックス・フェルスタッペンに批判的なジャック・ヴィルヌーヴでさえ、フェルスタッペンが2020年に勝つ準備ができているように見えることに同意する。

「彼は本当に大きく成長し、異なる走り、より良く走りをしている」とジャック・ヴィルヌーヴは NOS に語った。

「彼はレースウィナーからチャンピオン候補に変わった。そうだね、私が褒めるなどフェルスタッペンはショックを受けると思うが、個人的なものは何もなかった」

「彼は批判をうまく扱っており、自分のマシンが十分に速くなかったとしても、パニックに陥ったり、諦めなかった」

「メキシコでは、過去のマックスに少し似ていたが、21戦中1戦だけなのはかなり良い」

レッドブル・ホンダの2020年のライバルについてジャック・ヴィルヌーヴは「フェラーリは2020年に向けて準備ができているとは思わない。レッドブルとホンダが数回ピークに達したが、私ならルイスの7回目のタイトルにお金をかける」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1