フェルスタッペン陣営 「2021年のレッドブル・ホンダ残留は未定」
マックス・フェルスタッペンのマネージャーは、2021年に導入されるF1のレギュレーション変更によって、レッドブル・ホンダでの将来は疑問に包まれたままだとの姿勢を崩していない。

ルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルなどを含む多くのドライバーと同様に、マックス・フェルスタッペンのレッドブルとの契約は2020年末に終了し、来シーズンのドライバー市場は大変動の期待を高めている。

メルセデスは以前に2度、マックス・フェルスタッペンとの契約を試みており、彼の父で元F1ドライバーのジョス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダがタイトルを獲得できるマシンを生み出せるかどうかがマックス・フェルスタッペンの次の動きを決定すると主張している。

マックス・フェルスタッペンは、ジョス・フェルスタッペンとマネージャーのレイモンド・フェルムーレンとともに将来の計画していくことになる。

「3人でパズルのピースを組み立て、短期、中期、長期的に見ていく」とレイモンド・フェルムーレンは語る。

「2021年の疑問はマシンはどうかだ。それは誰にもわからない。現時点では1つの大きな水晶玉だ。もちろん、チームが過去にどのようにプレーしたか、以前にどのように変化に対処したかは見ることができる。だが、レッドブルとホンダが新しいルールにどのように適合するかにかかっている」

「他のチームにも非常に優秀な人材がいる。2021年は興味深いシーズンになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1