フェルスタッペン、ルクレール/ベッテルへのスチュワードの裁定を批判
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1日本GPの決勝レースにおけるシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルが関与したシンシデントに対するスチュワードの対応を激しく非難した。

マックス・フェルスタッペンは、オープニングラップのターン2でシャルル・ルクレールと接触し、マシンにダメージを負ったことで15周目にリタイアを余儀なくされた。

シャルル・ルクレールは。新しいフロントウィングに交換するためにピットイン。当初、スチュワードはクラッシュについて調査する必要はないとしたが、その後、レース後の審議対象にすると改めた。

一方、ベッテルはシャンプスタートについて審議対象となったが、フェラーリはゲインを得ていないと主張し、お咎めなしとなった。F1ロシアGPではキミ・ライコネン(アルファロメオ)が同様のエラーでドライブスルーペナルティを科せられていた。

このスチュワードの決定により、マックス・フェルスタッペンは怒りと混乱を示した。

「一旦は本当に良いスタートを切った」とマックス・フェルスタッペンは Sky Sport F1 にコメント。

「その後、僕はただ外側にとどまった。3番目にいたと思うけど、2番ターンに入ると突然シャルルがマシンサイドにぶつかってきた」

「僕の側で、何か違うことができたとは思わない。僕たち全員がマシンの後ろでダウンフォースを失うことを知っているし、それは言い訳にはならない。彼はそれを知るのに十分な経験がある」

「奇妙なことは、スチュワードは最初にそれを調査することすらしなかった。僕のマシンは全体が破壊され、全体がね。マシンアイドには穴が開いていた」

「その後、彼らは調査を開始したけど、レース後ということだ。彼はペナルティを得るためにもっと何かをすべきだったのか?」

「ハードレースは好きだけど、これはハードレースだとは思わない。無責任な運転だった」

「彼はスタートが悪かったので、ポジションを回復しようとしていたのは確かだけど、レースは長い」

マックス・フェルスタッペンの怒りを買ったのは、シャルル・ルクレールだけではない。

「それにセブのスタートの映像も見た。彼は動いて、止まった、ルールは動いてはいけないと言っているが、彼らがアドバンテージを得ていないといったので問題がなかったようだ」

「今日はルールで今日何が起こっているのか本当に理解できない」

関連:【動画】 マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールの接触

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / F1日本GP